スーパーのレジで現金が引き出せる!? デビットカードで現金が引き出せるキャッシュアウトとは?

スーパーのレジで現金が引き出せるようになるって本当?

 

デビットカードは、買い物の代金を紐づいている口座から、その場で引き落とすことができるサービスで、日本では「VISAデビットカード」が先駆けでした。
実はこのデビットカードを使って、ATM以外でも現金を引き出せる「キャッシュアウト」というシステムが、2016年よりスタートする予定なのです。

 

デビットカードでのキャッシュアウトの仕組みってどうなっているの?分かりやすく解説!

 

キャッシュアウトは、すでに欧米諸国では浸透しているサービスです。
具体例をあげて説明すると、スーパーマーケットで5000円の商品を購入する際、レジ係に「10000円のキャッシュアウトをお願いします」と伝えると、5000円分はデビットカードで口座から即時に引き落とされ、レジ係から10000円を手渡されるというものです。
つまり、デビットカードで買い物するついでに、現金を引き出せるというしくみなのです。
ただし、これは欧米で用いられている方法なので、日本が同じシステムで運用されるとは決まっていません。
とはいえ、ATMが少ない地域に暮らす人にとって、キャッシュアウトができるようになることは、大きなメリットといえるでしょう。

 

スーパーのレジでお金を引き下ろせるキャッシュアウトのメリットとデメリットは?

 

スーパーでキャッシュアウトができるようになると、私たち利用者はATMを探したり、時間を気にすることなく、現金を引き出せるというメリットがあります。
ですが、スーパーマーケット側にしてみると、買い物をしないでキャッシュアウトする利用者がいた場合、手数料が見合うかどうかなど、いろいろな問題が残されています。
また、キャッシュアウトが検討されているのはスパーマーケットだけでなく、タクシーや宅配便サービスなどの業界も対象です。
その場合、現金を準備したり、持ち歩くことでの危険を、デメリットとして考慮しなければなりません。
今後、金融庁がかじ取りをしていくことになりますが、キャッシュレス社会が加速するのは間違いありません。
デビットカードとクレジットカードを上手に併用し、安心なお金の使い方を実践していきましょう。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン