キャッシングでお金を借りるとはどういうことか?

キャッシングって何?カードローンとどう違うの?

 

急に現金が必要になった時、利用することが多いのが「キャッシング」と「カードローン」でしょう。
どちらもカードがあれば借り入れ可能な点は共通しているのですが、違う点もあります。
そもそもキャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、お金を借りるものです。
そして、キャッシングは翌月一括払いが原則です。
カードローンも利用方法は同じなのですが、返済が分割払いになるという特徴を持っています。

 

クレジットカードのキャッシング枠はショッピングとどう違うの?

 

クレジットカードには、「ショッピング」と「キャッシング」という二つの機能があります。
ショッピングは、クレジットカード会社の提携店で商品を購入することができ、一括払いの時には金利は不要です。
ですがキャッシングの場合、現金を引き出すことはできますが、ショッピングの分割払いやリボ払いより金利が高くなります。

 

借入金額によってはカードローンの方がよいこともある

 

クレジットカードのキャッシング枠の金利は、100万円未満で18%、100万円以上で15%程度であることが多いです。
ゴールドカードを所持している場合は、金利が下がることもありますが、その水準は消費者金融と変わりません。
そう考えると、銀行カードローンの方が金利が安いケースが少なくないのです。
クレジットカードにキャッシング枠がついていれば、必要な時にすぐにお金を引き出すことはできますが、使うまでの日数があるのであれば、銀行カードローンに申し込むのも一つの方法です。
最近は、即日融資が可能な銀行カードローンも増えているので、返済額や返済期間、いつ必要なのかを考慮して、キャッシングと銀行カードローンを上手に使い分けましょう。
キャッシングとカードローンの最新人気ランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン