意外と知らない自動車税滞納後の差し押さえ

自動車税を滞納するとどうなるの?

 

自動車税とは、車を所有している限り、必ず納付しなければならない税金で、毎年5月末が納付期限となっています。
5月に間に合わなくても、ギリギリ7月の末日までは納付を受け付けてくれますが、お金がないからといって滞納してよいわけはなく、免除されることもありません。
納付期限までに自動車税を払わないと、延滞料が発生し、支払うのが遅れれば遅れるほど加算されていきます。
最初は自動車税や延滞金の督促状や催告書が届くだけですが、それでも支払わないと法的措置をとられることもあります。
また、自動車税が納付できないからといって、自家用車の登録を抹消しても、過去の納税義務がなくなることもありません。

 

自動車税を滞納すると差し押さえを受けることもある!

 

督促状や催告書がきても、税務署に相談に行かずに放置していると、預金を差し押さえられ、そこから自動車税と延滞料が引き出されることがあります。
そして、それでも納付金額に足りない場合は、自宅や車も差し押さえの対象となります。
過去に東京都や沖縄県では、車のタイヤをロックして使えない状況にし、競売にかけて、売却代金を自動車税の納付にあてた例もあります。
そして、自動車税の滞納を5年間続けると、対象の自家用車は登録抹消され、公道を走れなくなります。

 

差し押さえの対象は車だけではない!その前に相談に行こう!

 

差し押さえの対象は、預金や自宅、自動車だけでなく、給料も含めた対象者の財産全部です。
競売にかけて値がつくものは、すべて差し押さえの対象になるのです。
そして、事前予告をすると財産隠匿の恐れがあるとして、差し押さえは突然行われます。
給与を差し押さえられれば、会社にもバレてしまいます。
そうした事態に陥らないためにも、督促状が届いた時点で税務署に相談に行き、支払いができない理由をきちんとした上で、納付方法について相談にのってもらいましょう。
災害や病気・ケガ、倒産による失業などが理由の場合は、納付が減免される可能性もあります。

 

借金問題解決の一歩目はおまとめローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン