カードローンの延滞には気をつけよう

お金を借りる時によく耳にするのは、延滞により金融機関が所有するブラックリストに名前が載るというものです。
実際はブラックリストではないのですが、延滞をすることにより使用する人間にペナルティが与えられることは事実です。

 

特に現在は総量規制が施行されていますので、金融機関の間での借入金と返済状況の情報交換は頻繁に行われていますので、たとえ一か月でも延滞が出た場合は、その後カードローンを使用する期間が、一定期間停止される場合もあります。
その場合他のカードローン会社を新しく契約しようにも、情報が共有されているために延滞をしたという事実が他のカードローン会社に伝わっている可能性もあり、新たに契約をすることは難しいという結果になるでしょう。

 

カードローンの契約は決められた期日にお金を返済することで成り立つ、貸し手と借り手の信用問題です。
銀行カードローンは特に金利を消費者金融並みに下げていますから、その分返済にはシビアになっていると言えます。

 

たった一か月の延滞でカードローンの利用停止は厳しすぎると感じる人もいるでしょうが、お金の貸し借りがシビアになっているこの世の中だからこそ必要な処置と言えるでしょう。

 

しかしカードローンの返済がどうしても難しい場合や返済の期日を忘れて延滞をしてしまった場合などは、催促状が届く前にカードローン会社に相談することによって延滞のペナルティを回避できることがありますから、きちんと連絡をして信頼関係を維持し続けることを重点に置きましょう。

 

計画的に使えるならカードローンは人生の味方になる!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン