カードローン返済方法は借入するパターンによって変わります

カードローンの契約をするときに返済方法まできちんと考える人は少ないでしょう。
銀行系カードローンの返済方法は多くの場合リボルビング返済方式が適応されていて、借りている金額は関係なく、毎月決まった金額を返済していくという方法になっています。

 

このリボルビング返済方式は消費者金融のCMなどで、リボ払いという名前で一般的認知されています。
しかしリボルビング返済方式にも細かい種類が存在します。

 

1つ目は元金と利息の合計金額の支払いをする方法。
2つ目は元金と利息の月々返済額の合計を支払う方法。
3つ目は元金と利息の返済額を追加借入があるたびに見直し支払う方法。

 

どの方法を導入しているかは銀行によって異なるのですが、借入金額によっては返済方式を見てからどの銀行で借りるのか検討する必要があると言えます。

 

1つ目の方法はメリットは支払計画を立てやすいのですが、高額の借入や追加借入をした場合元金が減らずに金利ばかり支払う可能性があるので、10万円程度の借入に利用するのがオススメです。
2つ目は返済を早く終わらせたい人にオススメで、元金と金利を一気に支払うデメリットはありますが、金利が安くなるメリットもあります。
3つ目は追加で借りる可能性がある人が活用する返済方法で、毎月の支払いは高くなりますし追加で借りた場合に返済金額に変動がありますが、確実にお金を返済することができる方法です。

 

この三点だけでもメリットデメリットがあります。
お金を借りる場合は借入金額と返済期間、追加で借りる可能性を考慮して決めるようにしましょう。

 

カードローンの最新人気ランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン