カードローン限度額の設定方法

カードローン限度額を決める時に必要なのは、借り入れを希望している人がどの程度社会的信用があるかどうかです。
会社に勤務していても会社の世間的認知度などによっても変化しますし、正社員とパートアルバイトでは限度額に大きな差が出ると言っても過言ではありません。

 

その上年齢や他に借入をしているかどうかも審査条件に入っていますので、新規で契約した時のカードローン限度額には個人差がでます。
銀行系カードローンの場合総量規制対象外になりますので、最大の限度額は高めに設定されていますが、平均的に一番最初の限度額は30万円程度から100万円程度になっています。

 

カードローン限度額が少ない場合多くの人は、増額を希望すると思います。
しかし現在は借金の返済に苦しむ人が多いため、銀行や消費者金融では簡単に増額の申請を受け付けてはくれません。
そのためカードローンを複数回利用し、返済を繰り返していくうちに銀行との間に信頼関係を作り上げる必要があります。

 

絶対条件としては延滞することなく返済計画を進めるましょう。
一度でも延滞があると増額に難色をしめす銀行が多いのですから、高額の借り入れをしたい場合は他の銀行とも契約をしないといけない事態になるでしょう。

 

あとはカードローン限度額は一度設定されたら変更なしなのではなく、トラブルなどが起こった場合などは引き下げる処置を取る場合もあります。
多くの原因は頻繁に延滞がある場合のペナルティとして用いられますので、リスクを増やさないために返済計画はしっかり立てましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン