カードローン利率の計算方法

カードローンを利用するときに一番気になるのは、利率ですよね。
利率とは借りるお金に対する利息の割合を示す言葉なんですが、いくら簡単に借りることができても利率が高ければカードローンを使うことによって多額の損をする場合があります。
特に金利には種類があり、日にちで金利がかかるものや月でかかるもの、年間でかかるものがあります。

 

基本的にカードローンの利率は実質年率という言葉で年利が用いられていまして、計算するのが少しめんどくさいと感じる人が多いです。
利息の計算式は覚えると簡単で、もしも緊急にお金を借りる時などの為に携帯に入力しておくのがオススメです。
利率の計算は、元金×金利×借入期間で計算ができます。

 

例えば、よく名前を聞くオリックス銀行カードローンを使用したとして、実質年利が約17.8%ですから、10万円借りて3か月で返済する予定の場合は、30万円×17.8%(0.178)÷365日×90日になりますから、13,167円の金利が必要になります。
つまり返済する金額は313,167円ということになりますので、元金が大きく返済期間が長い場合どんどん返済する金額が大きくなってしまいます。

 

コンビ二のATMなどでお金を引き出す場合などは特に何も考えずにお金を買りる人が多いですが、それがカードローンの罠でもありますので、ぜひ借りる前には携帯電話でなるべく短い期間で返済できる金額を借りるように考えましょう。
ちなみに返済期間によっては無利息でカードローンを利用できる会社もありますから、利率を考える必要がありませんので、条件に一致するのであればどんどん活用すべきだと思います。

 

人気のカードローンランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン