大手銀行と地方銀行でカードローンに違いはあるの?

大手銀行のカードローンの特徴

 

大手銀行といわれるのは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行みずほ銀行といった、本店が首都圏にあり、全国に支店を構えているところです。

 

また、ゆうちょ銀行も規模で言えば最大規模の銀行の1つで、もちろんゆうちょ銀行もカードローンは販売しています。

 

こうした大手銀行でカードローンをつくるメリットとしては、全国各地に支店があるので、転居や出張、旅行などでも、簡単に引き出すことができることがあげられます。
カードローンの申し込みも、インターネットを通じて来店せずに手続きが完了できたり、夜間や休日のATM手数料が無料だったり、引き出し可能な提携金融機関が多いことも魅力です。
借り入れの限度額が大きいことも、大手銀行ならではといえるでしょう。

 

 

地方銀行のカードローンの特徴

 

地方銀行とは、本店が地方にあり、その周辺地域を営業圏内として、支店を設置しているところをいいます。

 

地方銀行は、地域の特性を大事にした経営を行っていますので、大手銀行よりローンの審査が緩いといわれています。
カードローンの申し込みは窓口が中心と思われがちですが、インターネットや郵送、ATMでの申し込みも可能なので、それほど手間はかかりません。
給与振り込み先の地方銀行などでは、特にカードローンが通りやすいといわれています。
カードローンの金利は、大手銀行より若干高めな地方銀行が多いようですが、借入金額の上限は、それほど差はなくなってきています。

 

 

大手銀行と地方銀行、どちらがメリットが大きいか

 

カードローンを利用する場合、大手銀行と地方銀行のどちらがメリットが大きいかは、勤務状況や使用場所、頻度によります。
年収重視の大手銀行なら勤続年数が短くてもカードローンの審査に通りやすいですが、地方銀行は年収が低くても勤続年数が長ければOKというところが多いです。
自宅や職場の近くにATMが多いかどうかも、利便性を考えると大事なチェックポイントです。
また、転勤が多いかどうかも、カードローンを申し込む時には、考慮しておく必要があります。
金利やATM利用手数料などもきちんと調べ、自分に最適なカードローンは何かを検討してから、申し込むようにしましょう。

 

銀行カードローン一覧はこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン