カードローンの利用目的など

カードローンを利用している人ってどんな人?男女比や世代を解説

  • カードを利用する人は10人に1人の割合
  • 利用者としてはやはり男性が多く、全体の4分の3
  • 年齢では40代が最も多く次いで30代、50代の順

これを見ると働き盛りの人が多いことが分かります。

 

結婚をして家を購入したり、車を買ったりなど高額な買い物をするようになればカードローンを利用する人は増えてきます。

 

最近では女性の利用者も増えてきています。
男性が7割、女性が3割という比率になっていて、女性では30代の利用者が多く、こちらも働き盛りの人が多い世代になっています。

 

男性、女性ともに未婚の人の利用が多いことから自分の趣味や娯楽にに使っていると考えられます。

 

金遣いが荒いから、という理由だけでない!カードローンを利用する理由を探る

 

カードローンを利用している理由としてやはり趣味や遊ぶお金に使っているという人が多いです。
また、車、家の購入、旅行費、大学の入学費などまとまってお金が必要なときにも利用する人も多いでしょう。

 

そして長引く不況のせいで経済的にも苦しくなってきている人もいて生活費のために利用している人もいます。

 

すべてが遊ぶお金のために借りるのではなく、生活のために、生きていくためにカードローンを必要としている人もいるということです。

 

「カードローンを利用する=お金にだらしない」というわけではないことが利用実態から見えてくる

 

カードを利用するのにお金にだらしない人もいます。
計画的に使わず、今さえ良ければ…の考えではいずれは破綻します。

 

しかしカードローンのおかげで助かっている人もいるのが事実です。
自分のためにという人もいるでしょうが、家族のため、子供のためにまとまったお金が必要なときにとても助かるのです。
借りたあとは返済に大変ですが、きちんと返済をして滞納などをしなければ上手く付き合っていけるのです。

 

一番は無理なローンを組まず、生活が苦しくならないように計画的にカードローンを利用することです。

 

カードローンと聞くと「カードローン=借金=だらしがない」という印象を持ちがちです。
生きていく上で必要に応じ利用する人も多く「借金=だらしない」では括れないことがわかりますね。

 

必要に応じた使い方が便利なカードローン一覧

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン