デメリットを理解してカードローンを正しく使いこなそう!

 

最短即日融資」「ネット完結手続きOK!」「30日間無利息」・・・・・・
カードローンを検討していると、商品に対してこのような宣伝文句が使われているのをよく見かけます。
こういった言葉からは、カードローンが使いやすそうで便利な存在であるような親近感を感じ取ることができます。

 

実際に、カードローンは長年にわたって利用者のために使いやすく工夫されてきた商品です。
ただ、カードローンはあくまで「借金」、つまり利用者に負担が掛かる商品であるため、利用するにあたってはメリットばかりでなく、デメリットもしっかりと認識しておかなければいけません

 

では、カードローンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

 

人気のカードローンはどこ?気になる方はコチラ

 

カードローンを利用する前に!把握しておくべきデメリット

 

「いつでもどこでも借りやすい」は「借りすぎ」に陥りやすい

 

契約が成立すれば、コンビニのATMでいつでも引き出せたり、自分の口座に直接振込んでもらったり、借入限度額まですぐにお金を手に入れることができるようになります。

 

急にお金を用意しなくてはならないという危機をしのぐには大変頼りになるシステムなのですが、すぐにお金を得られる手軽さのために、まるで自分のお金を引き出しているような錯覚を起こしがちです。

 

そうして軽い気持ちで何度も借入を繰り返してしまうと、月々の返済額も当然のことながらどんどん膨らんでいきます。
ついにはとても返せない額に達してしまい、返済に窮してしまう…という事態を招いてしまうのです。

 

利用者の借りやすさが、借りすぎにつながってしまっているということです。

 

返済が大変な方はおまとめローンという選択肢も!詳しくはこちら

 

金利が高いため長期間の返済は負担額の増大を招く

 

カードローンの金利は借入額や条件によって大きく異なりますが、例えば50万円借り入れる場合、貸金業法の上限金利であれば、年利18.0%です。
この数値は、住宅ローンやマイカーローンと比べてみると一目瞭然ですが、かなり高い数字です。
普通預金の金利が0.001%という世の中において、相当強気な利率です。

 

それでもカードローン商品が多数出回り、かつ多くの利用者に支持されているのは、無担保・保証人なしで借りられる手軽さ、不意の出費というリスクを回避できる便利さにあります。

 

高利というデメリットを打ち消すには短期間で完済させるようにしたいものですが、家計に余裕が持てなければどうしても長期間になりがちです。
そもそも月々の最低返済金額は数千円から可能なことが多く、長期間の返済が想定されている形になっていますが、これは企業側にとって利息収入が重要な収入源でもあるためです。

 

つまり月々の負担額を減らしたい利用者側の気持ちと、利益を得たい企業側の思惑が合致して、支払利息がかさむ長期間の返済というシステムができあがりやすくなっているのです。

 

銀行カードローンなら低金利!詳しくはこちら

 

住宅ローン等のほかのローン審査に悪影響を与えることも

 

どんなローンにも審査があるものですが、特に人生で一、二の高い買い物であり数十年の長期間に渡る返済が必要になる住宅ローンでは、厳しく審査が行われます。

 

その際、現在カードローンを利用中であれば、審査に影響を与えるといわれています。
百万円を超えるような利用額の場合には、返済能力に不安があるとされ、審査に通りにくくなります。

 

そのため、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど長期間の契約が必要になるローンを検討しているなら、カードローンの利用状況をあらかじめチェックしておき、可能な限り利用額を減らしておくことが望ましいです。

 

 

デメリットを回避するカードローンの選び方のコツとは?

 

ではカードローンを選んでいくにあたって、こういったデメリットを回避するために気をつけておきたい点を確認していきましょう。

 

借入額を必要最小限にとどめること

 

契約を交わしたときに示される借入限度額は、必ずしも自分の希望額と一致しません
自分の借入希望額を上回る場合もあれば、下回ることもあります。
どちらにしても、示された限度額はあくまで業者側が定めたものですので、差し迫った必要がない額を借りないように心がけるようにします。
借りた分だけ利息がかさんでいくことを、くれぐれも忘れないようにしなくてはいけません。

 

自分に都合のよい借入・返済方法が用意されていること

 

簡単に借りられるとつい借りすぎてしまうため、借入限度額を抑制したり、自制心を強く持つことが必要になります。
特に返済方法については、なるべく忘れたり延滞したりといった事態を起こしにくい、つまり自分が利用しやすい方法が用意されている商品を選ぶようにします。

 

ATMへ定期的に行くことが難しければ口座振替を選択できる方が良いですし、通勤経路上にあるATMで取引したければそのATM利用手数料が無料である商品を選ぶと自分にとって都合よく使えます。
契約どおりに返済することが必須なのですから、返済しやすさは優先して考えておくべきポイントのひとつです。

 

利便性は使いすぎるという危険性をはらみますが、契約するにあたってはまず優先して考えておきたいことなのは確かなのです。

 

上手く使えば強い味方・カードローンを使いこなすためのポイント!

 

ニュースや雑誌の記事で見かけるカードローンの話題には、多重債務者や借金地獄、などといった厳しい状況へ追い込まれたパターンをよく目にします。

 

それは確かにカードローンのデメリットが引き起こした最悪の事態ではありますが、カードローンそのものが諸悪の根源というわけではありません。
カードローンは使いようによっては、人生のピンチを切り抜けてくれる助っ人として頼りにもなるメリットも持つものです。

 

では、デメリットではなくメリットを享受できるようにカードローンを使うにはどうすればよいのかというと、「短期間での完済を目指す気持ちを持ちつづけること」です。

 

カードローンは、その多くが月々の負担額を低く設定し長期的に返済していくという性格で設計された商品です。
その月ごとの家計負担は楽にしてくれる代わりに、完済までに支払う利息が増え、支払総額がかさむという二面性があります。

 

この支払総額を減らすためには、逆に支払う利息を減らす、つまり返済期間を短くする努力が必要だということになります。

 

返済期間を短くするにはどうしたらいい?

 

まず契約時には、月々の返済額は最低返済額ではなく実際に自分が月々支払っていけると見込める金額を設定するようにします。
そして、収支に余裕ができたら、随時繰り上げ返済を行うようにしましょう。
もちろん暮らしに無理のない範囲内で問題ありません。

 

この二つを意識することをカードローンの利用中持ちつづけることだけでも、短期間の完済を近づけることができるでしょう。

 

短期完済が行えれば、それだけ自分の自由になるお金が増えるタイミングが早まるということにもなります。
また、限度額を引き上げてもらえたり有利な条件が提示されたりというメリットも見込めます。

 

短期間に完済させるという目標を掲げて、しっかりとその目標に向かって返済をつづけていけば、カードローンの返済に足を取られて困窮するといった事態を避けられるはずです。

 

返済が大変な方はおまとめローンという選択肢も!詳しくはこちら

 

30日間無利息サービスの活用

 

また消費者金融では、「無利息サービス」を行っているところが少なくありません。
このサービスを利用することで、返済総額を減らすことができます。

 

これは30日間など、所定の期間金利を取らないというもので、たとえその無利息期間内に完済できなくても、その日数の金利にあたる金額を節約できます。
カードローンの金利は高く設定されているので、数十日の期間分の金利といってもそれなりにかさむものです。
少しでも自分に利のあるサービスはしっかりと利用するというのも、カードローンを使う上では心がけておきたいことです。

 

 

デメリットとメリットを把握することで賢くカードローンを使いこなせる!

 

カードローンのメリットを端的にまとめると、以下のようなことが言えます。

 

  • 保証人や担保が要らず、手続きが簡単
  • 最短で即日融資も可能な商品も多い
  • コンビニATMなどで手軽にお金を引き出せる

利便性や迅速性にすぐれているという側面が見られます。
では一方、デメリットはどんなものかというと、このようなことが言えます。

  • 高金利なため利息負担が大きくなる
  • 限度枠内まで何度も借りられるためつい借り過ぎてしまう

 

実はこのメリットとデメリットは表裏一体です。

 

  • 「担保や保証人を不要とする代わりに金利を高めに取り、企業側のリスクを減らしている」
  • 「手軽に引き出せるから、借り過ぎてしまいがち」

 

と、このようにメリットとデメリットをつなげて考えられることからも、それを理解することができるのではないでしょうか。

 

そして、こうしてメリットとデメリットの関係を把握することで、どう利用すれば良いかの対策を立てやすくなるはずです。

 

上記の例であれば、

  • 「金利が高いのなら、早めの完済を目指す」
  • 「借り過ぎてしまいがちだから、融資上限金額は低く設定しておく」

という答えを導き出すことができます。

 

つまり、カードローンがどのような性格を持つ商品かをデメリットやメリットを含めて多面的に理解しておくことが、カードローンを賢く使いこなすためには欠かせないことなのです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

 


ネット銀行のカードローンが流行る理由。メリット・デメリットから考察

申込者が急増しているネット銀行のカードローンとは何かかつてカードローンは、銀行や消費者金融が主流でした。ですが、インターネットの爆発的な普及により、銀行も電子化を余儀なくされ、2000年にジャパンネット銀行が設立されてからは、インターネット専業銀行が増え、取り扱う商品やサービスも多様化しています。そ...

» 続きを読む

「カードローン」と「フリーローン」の違いは? どっちで借りるのがお得か検証

「カードローン」と「フリーローン」は何が違うのか?借入前に知っておきたい基礎知識カードローンとフリーローンについて簡単に説明します。〇「カードローン」個人向け無担保融資のことで、担保が必要なくお金を借りることができ、個人の信用を重視したローンになります。原則として安定した収入があり、定職についている...

» 続きを読む

カードローンの返済は経費にできる?金利は?意外と知らない確定申告の裏ワザ

事業のために借りたお金が、全部経費になるわけではない!自営業や個人事業主として働く人が、事業資金を借金することはよくあることです。本来は、金利が安い銀行で事業資金として借り入れるのがベストなのですが、提出書類が多く、審査に時間もかかるため、短期間に資金調達が必要な時には不便です。そこで、金利の高いカ...

» 続きを読む

レディースローンと普通のカードローンってなにが違うの?

女性のためだけのレディースローン。なにが優遇されるの?レディースローンは名前の通り女性が利用しやすくなっている女性専用のカードローンのことです。最近では女性でも社会で働く人が多くなったことでカードローンなどの利用が増えてきています。そして女性でも正社員、派遣社員、パートなど、収入があればローンを組め...

» 続きを読む

銀行と消費者金融以外のカードローンやキャッシングって何があるの?

銀行よりも低金利!?労金のカードローンの魅力とはカードローンと聞くと、銀行や消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、取り扱っている金融機関は他にもあります。労金も、その一つです。労金とは「労働金庫」の略称で、労働組合や生協の組合員だけでなく、一般人でも利用可能です。全国には12の労金があり、そ...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの借金を残したまま死んだらどうなるの?

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければな...

» 続きを読む

キャッシングの際にマイナンバーの提示が必要になる?番号見られるのいやなんだけど

金融機関にもマイナンバーを知らせなければいけないの?2015年10月から、マイナンバー制度の番号通知が始まりました。マイナンバー制度とは、国民総背番号制度のことで、住民票を会得できるすべての人を対象に12桁の番号を配布します。当面は給与支払いが生じた企業に対してのみ、マイナンバーを提出しなければなら...

» 続きを読む

年金だけでは厳しい!65歳以上でも申し込みができるカードローンはあるの?

65歳以上でも申し込み可能なカードローンが増えているって本当?かつての日本のサラリーマンの定年は60歳に設定されていたので、キャッシングやカードローンの申込に際して、年齢制限を設けている金融業者がたくさんありました。いまでも年齢制限はあるのですが、年金支給の引き上げに伴って60歳を過ぎても働くシニア...

» 続きを読む

カードローンの延滞には気をつけよう

お金を借りる時によく耳にするのは、延滞により金融機関が所有するブラックリストに名前が載るというものです。実際はブラックリストではないのですが、延滞をすることにより使用する人間にペナルティが与えられることは事実です。特に現在は総量規制が施行されていますので、金融機関の間での借入金と返済状況の情報交換は...

» 続きを読む

カードローン利率の計算方法

カードローンを利用するときに一番気になるのは、利率ですよね。利率とは借りるお金に対する利息の割合を示す言葉なんですが、いくら簡単に借りることができても利率が高ければカードローンを使うことによって多額の損をする場合があります。特に金利には種類があり、日にちで金利がかかるものや月でかかるもの、年間でかか...

» 続きを読む

カードローン限度額の設定方法

カードローン限度額を決める時に必要なのは、借り入れを希望している人がどの程度社会的信用があるかどうかです。会社に勤務していても会社の世間的認知度などによっても変化しますし、正社員とパートアルバイトでは限度額に大きな差が出ると言っても過言ではありません。その上年齢や他に借入をしているかどうかも審査条件...

» 続きを読む

完済し終えたカードローン放置するとどうなる?使わないなら解約すべき理由と方法とは

借り入れたカードローンの完済を成し遂げ、一安心。その達成感を味わい、以降は借り入れることもなく、そのまま契約した際に使ったカードが家に眠っているという”元債務者”が多く存在しています。実は完済した時点で借り入れ先の会社との契約が終わったというわけではなく、そのままにしているとほぼ自動的に契約更新され...

» 続きを読む

同じ金利なのに!カードローンの返済方式によって利息が変わる?

カードローンの返済方式には色々種類があるということは知っていても、カードローンを利用する時に返済方式まで意識することはあまりないのではないでしょうか?しかし、同じ金利でも返済方式が異なれば支払う利息金額も変わってきます。カードローンを選ぶときには、返済方式にも目を向けてみてください。ご利用は計画的に...

» 続きを読む

カードローンの借入限度額を増額する方法と知っておくべき注意点を解説!

カードローンは契約時に指定された借入限度額までなら何度でも借入ができます。もし、借入限度額まで借入を行っているものの、まだ追加で融資が必要であるなら、限度額の上限を引き上げる「増額」が可能な場合があります。商品によっては増額の設定がなかったり、契約した借入限度額がその商品の最大の借入限度額であれば増...

» 続きを読む

カードローンはどんな人が使っている?利用者の数や利用目的、ユーザー層を徹底解説!

カードローンとは、文字通りカードを用いてATMなどで利用するローンのことです。お金を借りるということが一昔前に比べて一般的になってきたのは、便利に利用できるカードローンの普及が大きく影響しています。とは言っても、カードローンを利用しているなんて話はあまり大きな声で言えないし、人にも聞けないものです。...

» 続きを読む

デメリットを理解してカードローンを正しく使いこなそう!

「最短即日融資」「ネット完結手続きOK!」「30日間無利息」・・・・・・カードローンを検討していると、商品に対してこのような宣伝文句が使われているのをよく見かけます。こういった言葉からは、カードローンが使いやすそうで便利な存在であるような親近感を感じ取ることができます。実際に、カードローンは長年にわ...

» 続きを読む

カードローンの選び方で重視すべきポイントとは?金利、審査、バレにくさなど

もし皆さんが以下のようなカードローンの選び方をしているのなら、ぜひこの記事を最後まで読んで、もう一度カードローンの選び方について考えなおしてみてください。たまたまCMを見たから好きなタレントがイメージキャラクターだからカードローンの名前が気に入ったこれらの選び方はようするに「なんとなく」という、適当...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンでよく聞くリボルビング払いってなんだろう?

クレジットカードの返済で良くも悪くも話題になる、「リボ払い」。実は消費者金融の返済方法もリボ払いだというのは知っていましたか?「返済額がよくわからなくってしまった、あと一体いくら残っているんだろう?」そんな状況に陥らないために、リボ払いとは一体何かについて一から解説していきます。現在リボ払いに苦しん...

» 続きを読む