キャッシングとローンの違いって?

両方お金を借りることではないの?キャッシングとカードローンの語源は?

キャッシングとは金融機関が個人に対して行う小口融資のことを指します。保証人や担保が必要なく、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、ATMや店頭窓口などから、借入をすることができます。返済は基本的に翌月一括払いです。

 

カードローンとはキャッシングと借入方法はほぼ同じですが大口融資にも対応したりと貸し出し方法に幅が広い特徴があります。大きく違う点は分割払いが基本になっているという点です。

 

両方お金を借りるということで違いはありませんが、返済方法に違いがあり、使い分けられてきた歴史があります。

 

現在のとらえ方はどうなっている?キャッシングとカードローンの違い

現在ではキャッシングもカードローンもほぼ同義語として扱われています。
主に消費者金融で使われていた「キャッシング」も現在では「カードローン」に統一されてきているのが流れであるようです。
これは、「キャッシング」という言葉の印象が世間で悪くなってしまったのと、キャッシングの基本だった「翌月一括払い」が様々な返済方法の登場で分割払いが多くなり、「カードローン」との違いが無くなってしまったからです。

 

どちらにせよ、分割払いではトータルで払う金利も大きくなり、計画的に利用することが必須となります。

 

借り方、返し方でキャッシングとローンを分けているがカードローンはあいまいな位置にあることを知っておこう

今ではほとんどの消費者金融がカードローンという言葉を使うようになり、唯一クレジットカードのキャッシング枠で言葉が残るのみとなりました。
どちらにしても、お金を借りる=借金という事実は変わりません。
現在では分割払いが基本になり、借金が返しやす時代になりました。
逆にそれが借り過ぎを促進してしまい自転車操業に陥り、おまとめローンや債務整理に駆け込む人を生み出す原因にもなっています。
ATMなどで気軽にお金を借りるという行為は、ともすれば自分の口座からお金をおろしているような気分に陥りがちですが、借金をしているという意識をしっかり持って、自分が返せる範囲での利用を心掛けることが大切です。

 

キャッシング大全ベストカードローンランキング最新版

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン