事業者の急場しのぎに総量規制対象外のビジネスローン!賢い利用の仕方とは?

急に資金調達が必要になったらビジネスローンの利用を検討しよう!

 

中小企業の経営者あるいは個人事業主としてビジネスを行っていると時折、資金繰りに悩まされることがあります。
それが運転資金やつなぎ資金、設備投資などいかなる理由であっても、すぐに現金を用意できるほど、余裕を持って経営できている人は少数派なのではないでしょうか。
足りない資金は銀行や公的機関から融資を受ける必要がありますが、融資が実行されるまでには時間がかかりますし、必ず審査が通るという保証もありません。
そんな時に利用を検討したいのが、「ビジネスローン」なのです。

 

銀行融資とビジネスローンを使い分ければメリットも大きい!

 

「ビジネスローン」とは、中小企業や個人事業者を対象にした商品のことをいいます。
貸主はクレジットカード会社や消費者金融といった、ノンバンク系です。
ビジネスローンのメリットには、即日融資が可能なほど対応が早い、振り込み融資サービスの提供など利便性が高い、銀行より審査が緩め、担保や保証人が不要、総量規制対象外で融資を受けられることがあげられます。
一方のデメリットとしては、銀行融資より金利が高い、借入限度額が低め、悪徳業者が紛れ込んでいる可能性があることがあげられます。
この点を考慮し、少額のつなぎ融資ならビジネスローンを使い、借入額が大きい時には時間をかけて銀行や公的機関から借り入れを検討するなど使い分けをすると、双方のメリットを受けることができます。

 

借り方や返済方法で負担額が変わるので、ローン内容をきちんと精査しよう!

 

とはいえ、ビジネスローンは銀行融資と比べると、金利が高いのは事実です。
そのため、返済期間の目途や返済方法を十分に検討することが重要です。
元金均等払いだと増額返済が可能で、元利均等払いと比較すると支払い総額を少なく抑えることができます。
借り入れ当初は月々の返済額を低めに設定する方が安心ですが、余裕ができたときに返済を早めることができるよう、返済方法を変更できる会社を選ぶのも一つの方法です。
しっかり情報収集してから、借入先を決めましょう。

 

ビジネスローンならビジネスパートナーにおまかせ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン