ビジネスローンの審査って個人向けカードローンと比較してどう違う?

そもそもビジネスローンと個人向けカードローンは何が違うの?

 

個人事業主が資金繰りを考える時、ビジネスローンを組むか、個人向けカードローンに申し込むか、悩むことがあるかもしれません。
どちらもお金を借りることに違いはないのですが、ビジネスローンと個人向けカードローンは、まったく違う金融商品です。
ビジネスローンとは、中小企業の経営者や個人事業主を対象に、事業資金を融資する金融商品です。
一方の個人向けカードローンは、使途を問わずに借り入れができる金融商品です。
ですが、銀行の個人向けカードローンはでは、借入金を事業資金として使うことを禁止しています。
消費者金融や信販会社の個人向けカードローンの場合は、事業資金として使っても、問題はありません。

 

ビジネスローンと個人向けカードローンの提出書類と審査基準とは?

 

ビジネスローンと個人向けカードローンでは、提出書類や審査基準が異なります。
ビジネスローンに申し込む場合には、法人の場合は代表者本人を確認できる書類や登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書を2期分の提出を求められます。
個人事業主の場合は、本人確認書類と、確定申告書2年分の提出を求められるのが一般的です。
気になる審査時間ですが、個人向けカードローンであれば、早ければ即日融資が可能です。
ですがビジネスローンの場合は、いろいろな側面から融資を検討する必要があるため、審査に時間がかかります。
金融機関にもよりますが、限度額が高ければ、融資の可否の連絡がくるまでに数日を要します。

 

ノンバンクのビジネスローンは総量規制対象外なので、上手に活用しよう!

 

ビジネスローンは公的ローンと比べると、どうしても金利が高くなってしまいます。
また、審査も決して簡単ではありません。
ですが、個人向けカードローンを消費者金融や信販会社で借り入れる場合、総量規制のために、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。
ですが、ビジネスローンは総量規制の対象外なので、年収に関わらず、必要な金額を借り入れできる可能性があります。
確かに審査は厳しめですが、決算書で経営が安定していることを理解してもらい、将来性があると判断してもらえれば、個人向けカードローンでは借り入れできない額を融資してもらえるかもしれないのです。
ビジネスローンにもいろいろな種類があり、個人向けカードローンのように、利用限度額内で何度も追加融資を受けられるタイプもあります。
きちんとリサーチをして、自分に合ったビジネスローンを選びましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン