結婚資金が足りない!とならないように事前にどれぐらい貯蓄しておけばいい?

結婚費用の相場ってどれくらい?どんな項目があるの?

 

結婚が決まるのは、本人にとっても、親にとっても、喜ばしいものです。
ですが、披露宴・新居の用意・新婚旅行など、大きな出費を覚悟する必要があります。
そうした費用を全額親が負担するのは難しい世の中ですから、結婚を考え始めたら、結婚相場の費用を用意できるように、貯金を始めましょう。
リクルートブライダル総研が発表した、「ゼクシィ結婚トレンド調査」のデータを見ると、結納から指輪の用意、挙式・披露宴、新婚旅行にかかったお金の平均額は460万7000円にも上ります。
披露宴の招待客のご祝儀などで平均222万1000円の収入が見込めるとのことですが、それでも約235万円は自分たちで用意しなければならないのです。

 

結婚式の見積もりと実際の負担額に差が生まれる理由は何?

 

結婚式場を予約する際は、いろいろな結婚情報誌で情報収集し、ある程度試算した上で、相談に出かけるカップルがほとんどだと思います。
ですが、提示された結婚式の費用の見積もりと、実際にかかった費用に差があるカップルが、予想以上に多いのです。
その原因となるのが、衣装代や料理、写真・ビデオ撮影、装花、会場装飾、飲み物などのランクアップです。
双方の家族と一緒にブライダルフェアなどに行くと、やはりグレードの高いものに惹かれ、親の勧めのままに申し込むカップルが少なくありません。
ですが、それが後で持ち出し費用として、重くのしかかることになるのです。

 

結婚資金はどれくらい貯蓄しておくべき?

 

では、結婚資金としてどれくらいの貯蓄をしておいた方がよいのでしょうか。
まず、挙式・披露宴・新婚旅行などのイベント費用として、1人150万円、2人で300万円は必要でしょう。
その他に、新居の準備や家具・家電製品の購入などに50万円、新生活の予備費として50万円を用意しておくと、結婚生活がいきなりマイナススタートになることは出蹴られそうです。
両家のご両親に甘えられるところは甘えながら、少しでも結婚資金を貯めるように準備しておきましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン