債務整理の相談、弁護士と司法書士でどう違うの?

費用面では司法書士のほうが安いことも!司法書士に依頼するメリットとは?

 

司法書士に依頼するメリットはいくつかあります。

  • 司法書士が債権者からの取り立てをやめさせることができる。
  • 債権者との交渉はや連絡は司法書士が代わりに行ってくれる。
  • 借金の残額に利息をつけないで分割で払うことができる。
  • 司法書士が依頼主の家の状況をみて返済計画をたててくれる。
  • 過払い金の請求をしてくれる。
  • 司法書士が貸し借りの再計算をしてくれるため残額が減ったり、過払い金があることなどが分かる。
  • 弁護士に比べ、依頼料金が安い。

などです。

 

司法書士に委任すれば、裁判を起こさなくて済むこともあるので裁判費用がかかりません。

 

司法書士に依頼すればこのようなメリットがあります。

 

しかし、上記で上げたすべての業務は弁護士に頼むメリットでもあるのです。

 

弁護士しかできないこともある!弁護士に依頼するほうがいい事案とは?

弁護士にしか出来ないことは、債務額が140万円以上になると司法書士が代理人になることができず、弁護士にしか対応できません。
なので債務金額が大きければ司法書士に頼んでも結局弁護士にも依頼しなければならないので依頼料が二重になり依頼主の負担が多くなります。

 

司法書士は簡易裁判までは対応できますが、地方裁判は弁護士しか対応できないので、債務額が多ければ弁護士に依頼することをオススメします。

 

こちらは解釈の違いで司法書士側の言い分と弁護士側の言い分が対立していたのですが、とうとう最高裁で判決が出て決着が付きました。
司法書士ができる債務整理の範囲に最高裁が判決!債務整理界のグレーゾーン撤廃か!?

 

費用や事案によって司法書士と弁護士のメリット・デメリットがあるので、自分に適任のほうを選ぼう

 

2003年に司法書士法が改正され、140万円以下の事案については司法書士が交渉代理できるようになりました。

 

しかし司法書士には金額制限があります。従って自分の債務額が140万円以上か以下かを調べて超えるようであれば弁護士に依頼するなど、金額にあった方を選ぶようにしましょう。
また、債権者がごねて地裁にまでいってしまった場合は司法書士だとお手上げになってしまうことも頭に入れておくべきです。

 

自己破産や個人再生の場合は司法書士は書類しか作成してくれないので裁判での対応は自分でしなければなりません。そんなときは弁護士に依頼してください。

 

費用なども金額差がありますが、確実に解決しなければならないので、自分の状況を見極めた上で最善の選択をするようにしましょう。。

 

債務整理における弁護士と司法書士の違いとは?

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン