ひとつの銀行で似たようなカードローンが何種類もある理由

なぜ銀行にはいろいろな種類のカードローンがあるの?

 

銀行では住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、用途や目的が決まっている人を対象にした商品だけでなく、カードローンも用意しているところがほとんどです。
また、面白い例としてゆうちょ銀行のカードローンは実はスルガ銀行のカードローンだったりとカードローンも多種多様です。
これは、申し込み方法や提出書類などが異なるからです。
また、窓口や行内のATMなどで手続きするだけでなく、郵送やインターネットで申し込み可能なものあります。
利用者のニーズに合わせて、銀行カードローンも多様化しているのです。

 

銀行がカードローンに参入した理由は、ズバリ儲かるから!

 

もともとキャッシングは消費者金融の独壇場でした。
ですがバブル崩壊後、長く不景気が続いたこともあり、銀行で住宅ローンやマイカーローンなどを利用する人が減り、市場では消費者金融からキャッシングをする人が増えていることに着目して、カードローン市場に参入したのです。
無担保で申し込みができるカードローンは、他の銀行商品と比べると金利が高めなので利益をあげやすいです。
銀行といえど利益確保は大切ですから、儲かるカードローン市場をみすみす放置するわけがありません。
また、銀行のネームバリューで顧客を確保しやすいことも、追い風になりました。

 

消費者ニーズに合わせて進化する、銀行カードローンを活用するメリットとは?

 

銀行のカードローンは、小口融資と大口融資に大別できます。
小口融資の場合、最低金額が10万円になっているカードローンが多いのですが、審査は消費者金融と比べると厳しめです。
しかし消費者金融と比べると金利も低いですし、即日カード発行が可能なカードローンも多いですから、50万円以上のキャッシングを希望しているなら、銀行の方がメリットは大きいといえます。

 

あなたにピッタリの銀行カードローンが必ず見つかる

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン