消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いとは?―比較で分かるメリット・デメリット―

 

「お金を借りたい!でも迷う…」

 

「最近ちょっとピンチなのでお金を借りたい…」と思ったあなた。
消費者金融でのキャッシングか、銀行カードローンで借りようか、決めかねていませんか?
「でも、どういう違いがあるか分からないし、自分に合っているのはどちらなのかも分からない…」
「そもそも消費者金融のキャッシング、銀行カードローンってなんだっけ…」
そんな疑問も全部この記事で解決!
今回は、消費者金融のキャッシング銀行カードローンの概要とその違いについて、あなたに最適なのはどちらなのかについて解説していきます。

 

そもそも「消費者金融のキャッシング」と「銀行カードローン」って何?

違いを見ていく前に、まずはそれぞれどういうものなのかについて説明していきますね。

 

消費者金融のキャッシングとは

消費者金融とは、賃金業取扱主任者という国家資格を取り、賃金業法という法律に基づいて財務局と都道府県知事の登録を得た民間の貸し付け業者です。

 

みなさん「アコム」や「プロミス」、「アイフル」という名前、聞いたことがありますよね。
これらは全て消費者金融です。
アコムやプロミスはCMなどでもおなじみで、その知名度は群を抜いており、人気の高さが特徴といえます。

 

また「消費者金融のキャッシング」とは、消費者金融が発行している使途自由のカードローンのことです。
昔は消費者金融といえばキャッシングで通っていましたが、最近では商品名も「カードローン」に統一されているものがほとんどです。
カードローンとキャッシングは同じ意味をあらわすことが多いので覚えておくと混乱せずに済むでしょう。

 

キャッシング大全おすすめの消費者金融はこちら

銀行カードローンとは

その名の通り、銀行などの金融機関が発行しているカードローンのことです。
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の三大メガバンクをはじめとして、多くの銀行が取り扱っているので信頼度も抜群
カードローンを専門に扱う消費者金融とは違い、銀行業や金融業のかたわらにカードローンを取り扱っています。
また消費者金融の賃金業法とは違い、銀行には銀行法という法律が適用されています。
それぞれ適用される法律が違うということも覚えておきましょう。
また銀行カードローンは、住宅ローンやマイカーローンのように使い道が定められていないため、使い道は自由です。
この点は消費者金融のキャッシングと何ら変わりませんね。

 

銀行カードローンについてもっと知りたい方はコチラ♪

 

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いとは?

ここまで消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの特徴について触れてきました。
それでは次に、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いについて説明します。
下の表に基本的な違いをまとめましたので、それぞれ比較しながらみていきましょう。

 

比較 消費者金融 銀行カードローン
最高金利 18.0% 14.6%
限度額 最高800万円 最高800万円
借入可能額 年収の3分の1まで 年収の2分の1〜3分の1程度
審査スピード 最短30分 最短翌日
即日融資 ×
初回30日間無利息
学生
専業主婦 ×

金利が安いのはどっち?

表を見ても分かるように、金利の安さなら銀行カードローンです。
銀行ごとに金利は異なりますが、みずほ銀行のカードローンであれば金利は14.0%。
銀行カードローンがなぜおすすめされるのか、その理由が分かりましたね。

 

しかし本当に、金利の安さを取るなら銀行カードローンなのでしょうか?
実は必ずしもそうとは言い切れません。
消費者金融でのキャッシングには、銀行カードローンにはないメリットがあるからです。

 

消費者金融でのキャッシングなら初回30日間無利息!

アコムやプロミスといった消費者金融には、初めての方なら初回の30日間が無利息となるサービスがあります。
30日以内なら借入金額がいくらであっても利息が発生しないので、お金を借りたいと思ったらまずはこちらの検討がおすすめです。
「そうはいっても、30日間を過ぎるのであれば結局銀行カードローンがお得なのでは?」
それについては、実際にどれくらいの期間で借りるかによって異なります。
たとえ30日以内を過ぎたとしても、数か月間の借り入れでしたら初月が無利息なので、銀行カードローンよりも金利がお得になります。

 

30日間無利息付カードローンのお得な使い方はこちらをチェック!

 

借入上限額の違い

次に消費者金融のキャッシング・銀行カードローンの借り入れ限度額を比較します。
結論からいうと、さほど大きな違いはありません。
借入限度額は各消費者金融、銀行カードローンごとに異なりますが、最高限度額はどちらも800万円です。

 

ただし消費者金融の場合、賃金業法という法律により総量規制がかかるため、年収の3分の1以上を借りることはできないので注意しましょう。
年収が300万円の方の場合、100万円までが借り入れ上限額ということになります。
銀行カードローンは、銀行法という別の法律が適用されるため、法律による総量規制はありません。
こうしたことから、高額の借り入れを行いたいという方、総量規制の対象なので消費者金融では借りられないという方には、銀行カードローンがおすすめとされています。

 

もっと知りたい!総量規制についての解説記事はこちら

 

しかし近年では、そのメリットも薄れています。
昨今では大手・地方の銀行問わず、消費者金融と同じ年収の3分の1までしか貸し付けを行わないところが多いのが現状です。
ここ数年で銀行による過剰貸し付けが原因で多重債務・破産に陥る方が増えたのが原因とされています。
銀行は、消費者金融のように法律で貸付上限を規制されるのを回避するため、
自主規制として年収による借り入れ上限の引き下げを行うようになったのです。
こうして銀行は消費者金融と同じような規制を取り入れ、現在では消費者金融と同様、年収の2分の1〜3分の1の借り入れ上限が一般的となっています。

 

 

審査スピードは消費者金融が圧倒的に早い

消費者金融でのキャッシングと銀行カードローンの最大の違いは、その融資スピードにあります。
「お金がすぐに必要になった!早く借りられるのはどこなんだろう…」
そんなときは、迷わず消費者金融でのキャッシングを!
消費者金融では審査スピードが最短30分、最短即日融資が可能です。
銀行カードローンの場合は最短でも翌日、遅ければそれ以上かかりますので、
早く借りたい方は審査から融資までの早い消費者金融のキャッシングがおすすめです。

 

即日融資可能の消費者金融はコチラ♪

 

2018年から銀行カードローンの即日融資が不可能に

 

「どうして銀行カードローンは即日融資できないの?」
「前は即日融資できたよね?」
確かに、以前は銀行カードローンも即日融資が可能でした。
しかし2013年に大手メガバンクが反社会組織に融資を行っていたことが明らかとなり、
多くの銀行は審査を厳しくしたのです。
これまでは消費者金融と同様、申し込み→審査→融資の流れが一般的でしたが
2018年からは、申し込み→警察のデータベースに照会→審査→融資に変更。
この手続きは最短でも翌日以降の完了となるため、即日での審査・融資は不可能になりました。

 

 

学生の方なら消費者金融・銀行カードローンどちらでもOK!

アルバイトをしていても、生活費や学費などでお金が足りない…。
消費者金融と銀行カードローン、少しでも審査が通りやすいところから借りたい…。
そんなときは消費者金融がおすすめです。
毎月一定の収入があれば雇用形態に関係なく申し込むことができます!
パート・アルバイトの方はもちろん、20歳以上なら学生の方も申し込みOK!
消費者金融のキャッシングは、銀行カードローンよりも比較的審査が通りやすいといわれています。
学生の方で審査に通るか自信のない方は、消費者金融でのキャッシングがおすすめです。

 

おなじように銀行カードローンも、学生でも20歳以上で毎月の収入があれば申し込むことができます。
銀行が取り扱っていることから初めての借入でも安心です。

 

※申し込み条件は他にもあるので、事前に確認するようにしましょう。

 

どちらを選ぶにしても、必ず後から返すものであるということは常に念頭に置いておきましょう。

 

パート・アルバイトの方におすすめのカードローンはこちら

専業主婦の方は銀行カードローン

消費者金融は総量規制が適用されているため、専業主婦の方は申し込みができません。
しかし銀行カードローンなら専業主婦の方でも申し込み可能な銀行もあります。
その場合は配偶者の方に毎月一定の収入があることが求められます。
また借入の限度額も30万円〜50万円を上限としている銀行が多く、それ以上の金額を借りることは難しいでしょう。

 

あなたにおすすめなのはどっち?

ここまで消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いを比較してきましたが、そこからそれぞれのメリット・デメリットも分かってもらえたと思います。
結局自分にはどれが良いの?という方のために、あなたにおすすめなのはどちらなのか、簡単におさらいしておきましょう。

 

消費者金融のキャッシングがおすすめなのはどんな人?

  • すぐにお金を借りたい方
  • →最短30分のスピード審査、即日融資が可能!

  • 数か月間以内の借り入れと返済を予定している方
  • →初回30日間無利息!
    →初回30日間を超えても、数か月間のキャッシングなら銀行カードローンよりも金利がお得に!

  • 学生の方
  • →20歳以上で一定の収入があれば雇用形態問わず申し込みOK!

 

銀行カードローンがおすすめなのはどんな人?

  • 長期の借り入れと返済を予定している方
  • →消費者金融より金利が低いのでおすすめ

  • 専業主婦の方
  • →消費者金融では借りることができませんので、銀行カードローンが

  • 銀行のブランド力、信頼度を重視する方
  • →大手三大メガバンクをはじめ多くの銀行が取り扱っているので信頼度は抜群!

 

消費者金融と銀行カードローンの違いを知り、自分にあった方を選ぼう

今回は、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いについて解説してきました。
こうして比較してみると、金利、審査・融資のスピードなど、実は違っている点が多いことが分かりましたね。
それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に最適な方を選択しましょう。
消費者金融のキャッシングは、銀行カードローンよりも審査に通りやすいといわれています。
もちろん確実に通るというわけではありませんが、銀行カードローンの審査に落ちてしまった方、審査に通ることを優先したい方は消費者金融での申し込みをおすすめします。
どちらを選ぶにしても事前に申し込み条件を確認し、必要書類に不備がないようにしましょう。

 

審査って何を見られてるの?あわせて読みたい関連記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

知って得するカードローンの雑学記事一覧

安易にリボ払いにしてない?実はカードローンのほうが安心な場合も

返済額が抑えられて便利!リボ払いとはどんな支払方法?リボ払い(リボルビング払い)とは、クレジットカードやカードローンの返済方法の1つで、回数を指定する分割払いとは違い利用額に関わらず毎月の返済額を一定にする返済方法のことです。一度に引き落とされる金額がきつい場合、リボ払いなら毎月の返済額は一定なので...

» 続きを読む

ネット銀行のカードローンが流行る理由。メリット・デメリットから考察

申込者が急増しているネット銀行のカードローンとは何かかつてカードローンは、銀行や消費者金融が主流でした。ですが、インターネットの爆発的な普及により、銀行も電子化を余儀なくされ、2000年にジャパンネット銀行が設立されてからは、インターネット専業銀行が増え、取り扱う商品やサービスも多様化しています。そ...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンでよく聞くリボルビング払いってなんだろう?

毎月の返済額が変わらない!リボルビング払いの定義とは?リボビリング払いとは、毎月の利用金額によらず、ある一定の金額を毎月支払う返済方法で計画的で無理のない返済ができます。消費者金融やクレジットカード会社が行っている返済方法で、定額リボビリング、定率リボビリング、残高スライド方式の3つの返済方法があり...

» 続きを読む

「カードローン」と「フリーローン」の違いは? どっちで借りるのがお得か検証

「カードローン」と「フリーローン」は何が違うのか?借入前に知っておきたい基礎知識カードローンとフリーローンについて簡単に説明します。〇「カードローン」個人向け無担保融資のことで、担保が必要なくお金を借りることができ、個人の信用を重視したローンになります。原則として安定した収入があり、定職についている...

» 続きを読む

カードローンの返済は経費にできる?金利は?意外と知らない確定申告の裏ワザ

事業のために借りたお金が、全部経費になるわけではない!自営業や個人事業主として働く人が、事業資金を借金することはよくあることです。本来は、金利が安い銀行で事業資金として借り入れるのがベストなのですが、提出書類が多く、審査に時間もかかるため、短期間に資金調達が必要な時には不便です。そこで、金利の高いカ...

» 続きを読む

レディースローンと普通のカードローンってなにが違うの?

女性のためだけのレディースローン。なにが優遇されるの?レディースローンは名前の通り女性が利用しやすくなっている女性専用のカードローンのことです。最近では女性でも社会で働く人が多くなったことでカードローンなどの利用が増えてきています。そして女性でも正社員、派遣社員、パートなど、収入があればローンを組め...

» 続きを読む

銀行と消費者金融以外のカードローンやキャッシングって何があるの?

銀行よりも低金利!?労金のカードローンの魅力とはカードローンと聞くと、銀行や消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、取り扱っている金融機関は他にもあります。労金も、その一つです。労金とは「労働金庫」の略称で、労働組合や生協の組合員だけでなく、一般人でも利用可能です。全国には12の労金があり、そ...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの借金を残したまま死んだらどうなるの?

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければな...

» 続きを読む

キャッシングの際にマイナンバーの提示が必要になる?番号見られるのいやなんだけど

金融機関にもマイナンバーを知らせなければいけないの?2015年10月から、マイナンバー制度の番号通知が始まりました。マイナンバー制度とは、国民総背番号制度のことで、住民票を会得できるすべての人を対象に12桁の番号を配布します。当面は給与支払いが生じた企業に対してのみ、マイナンバーを提出しなければなら...

» 続きを読む

年金だけでは厳しい!65歳以上でも申し込みができるカードローンはあるの?

65歳以上でも申し込み可能なカードローンが増えているって本当?かつての日本のサラリーマンの定年は60歳に設定されていたので、キャッシングやカードローンの申込に際して、年齢制限を設けている金融業者がたくさんありました。いまでも年齢制限はあるのですが、年金支給の引き上げに伴って60歳を過ぎても働くシニア...

» 続きを読む

カードローンの延滞には気をつけよう

お金を借りる時によく耳にするのは、延滞により金融機関が所有するブラックリストに名前が載るというものです。実際はブラックリストではないのですが、延滞をすることにより使用する人間にペナルティが与えられることは事実です。特に現在は総量規制が施行されていますので、金融機関の間での借入金と返済状況の情報交換は...

» 続きを読む

カードローン利率の計算方法

カードローンを利用するときに一番気になるのは、利率ですよね。利率とは借りるお金に対する利息の割合を示す言葉なんですが、いくら簡単に借りることができても利率が高ければカードローンを使うことによって多額の損をする場合があります。特に金利には種類があり、日にちで金利がかかるものや月でかかるもの、年間でかか...

» 続きを読む

カードローン限度額の設定方法

カードローン限度額を決める時に必要なのは、借り入れを希望している人がどの程度社会的信用があるかどうかです。会社に勤務していても会社の世間的認知度などによっても変化しますし、正社員とパートアルバイトでは限度額に大きな差が出ると言っても過言ではありません。その上年齢や他に借入をしているかどうかも審査条件...

» 続きを読む

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いとは?―比較で分かるメリット・デ...

「お金を借りたい!でも迷う…」「最近ちょっとピンチなのでお金を借りたい…」と思ったあなた。消費者金融でのキャッシングか、銀行カードローンで借りようか、決めかねていませんか?「でも、どういう違いがあるか分からないし、自分に合っているのはどちらなのかも分からない…」「そもそも消費者金融のキャッシング、銀...

» 続きを読む

完済し終えたカードローン放置するとどうなる?使わないなら解約すべき理由と方法とは

借り入れたカードローンの完済を成し遂げ、一安心。その達成感を味わい、以降は借り入れることもなく、そのまま契約した際に使ったカードが家に眠っているという”元債務者”が多く存在しています。実は完済した時点で借り入れ先の会社との契約が終わったというわけではなく、そのままにしているとほぼ自動的に契約更新され...

» 続きを読む

同じ金利なのに!カードローンの返済方式によって利息が変わる?

カードローンの返済方式には色々種類があるということは知っていても、カードローンを利用する時に返済方式まで意識することはあまりないのではないでしょうか?しかし、同じ金利でも返済方式が異なれば支払う利息金額も変わってきます。カードローンを選ぶときには、返済方式にも目を向けてみてください。ご利用は計画的に...

» 続きを読む

カードローンの借入限度額を増額する方法と知っておくべき注意点を解説!

カードローンは契約時に指定された借入限度額までなら何度でも借入ができます。もし、借入限度額まで借入を行っているものの、まだ追加で融資が必要であるなら、限度額の上限を引き上げる「増額」が可能な場合があります。商品によっては増額の設定がなかったり、契約した借入限度額がその商品の最大の借入限度額であれば増...

» 続きを読む

カードローンはどんな人が使っている?利用者の数や利用目的、ユーザー層を徹底解説!

カードローンとは、文字通りカードを用いてATMなどで利用するローンのことです。お金を借りるということが一昔前に比べて一般的になってきたのは、便利に利用できるカードローンの普及が大きく影響しています。とは言っても、カードローンを利用しているなんて話はあまり大きな声で言えないし、人にも聞けないものです。...

» 続きを読む

デメリットを理解してカードローンを正しく使いこなそう!

「最短即日融資」「ネット完結手続きOK!」「30日間無利息」・・・・・・カードローンを検討していると、商品に対してこのような宣伝文句が使われているのをよく見かけます。こういった言葉からは、カードローンが使いやすそうで便利な存在であるような親近感を感じ取ることができます。実際に、カードローンは長年にわ...

» 続きを読む

カードローンの選び方で重視すべきポイントとは?金利、審査、バレにくさなど

もし皆さんが以下のようなカードローンの選び方をしているのなら、ぜひこの記事を最後まで読んで、もう一度カードローンの選び方について考えなおしてみてください。たまたまCMを見たから好きなタレントがイメージキャラクターだからカードローンの名前が気に入ったこれらの選び方はようするに「なんとなく」という、適当...

» 続きを読む