銀行員が暴露!銀行カードローン審査の実態

実は審査がゆるゆる!お堅いイメージの銀行カードローンの審査なぜゆるい?

貸金業改正で消費者金融の総量規制が利用者の年収の3分の1を越える貸付が禁止されたのですが、適用されるのがキャッシングとサラ金からの借入とされたため銀行のカードローンには適用されないのです。
そのため消費者金融から融資を断られた人が銀行のカードローンを多く利用するようになりました。
その理由として、表は銀行ですがカードローンの審査をするのは銀行の保証会社として提携している消費者金融なのです。
そのため、審査が厳しいとされていた銀行が消費者金融と提携することで審査基準が甘くなり、銀行のカードローンが作りやすくなったのです。また借入が少し高くても総量規制が関係ないので通ることもあります。

 

銀行と提携する消費者金融が多数!その理由は?

銀行も消費者金融も多くの人に利用してもらい利益を出す目的は一緒なので、お互いの足りない部分を補いあって提携する企業が増えてきました。

 

このような提携によって消費者金融は銀行の名前で業務をすることができるので、自身の名前より銀行名の方が信用されやすいことと、銀行なら総量規制の3分の1以上の貸付ができるようになるのです。
そして銀行には貸付の知識がほとんどなかったため、消費者金融と手を組むことで顧客を増やすこともできるようになりました。
銀行にも消費者金融にもお互いにメリットになるので銀行と提携する消費者金融が多くなったのです。

 

最近多い銀行提携の消費者金融。理由がわかれば銀行カードローンが作りやすい理由が見えてくる!

上記でも書いた通り、銀行のカードローンの多くは消費者金融との提携が多いため審査は消費者金融の基準となります。
ですから安定した職業や収入、信用情報に事故情報はないか、滞納をしていないかなど、特に問題がなければ借入できるでしょう。
銀行自体が運営しているカードローンの審査は厳しいですが、消費者金融と提携している銀行なら審査が甘いのでカードは作りやすいでしょう。

 

参考文献:http://biz-journal.jp/2012/08/post_595.html

 

銀行カードローン特集はコチラ

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン