とてもバカバカしくてもったいない!交通違反の反則金ってどれくらい取られるの?

交通違反で支払う、反則金と罰金と放置違反金の違い

 

車を運転する際には、道路交通法を守るのが基本です。
車を運転する人はもちろん、歩行者を守るためにも、交通安全に気を配るのは当然のことなのですが、ちょっとした気のゆるみで交通違反をしてしまう人が後を絶ちません。
ですが、交通違反をすると、点数や反則金が課されるだけでなく、違反点数が累積されることで、免許の停止や取り消しになることもあるので、軽視すべきではないのです。
交通違反をすると、「反則金」「罰金」「放置違反金」などお金を支払うよう命じられることがあります。
「反則金」は、それを納付することで、裁判による刑事手続きが免除されます。
「罰金」は、交通違反が刑事手続きへと進んだ後、有罪になったときに支払うものです。
「放置違反金」は、駐車違反で取り締まりされた運転者が出頭しなかった際に、車の所有者に科せられるもので、納付しないと車検拒否や車の差し押さえを実行されます。

 

覚えておきたい、スピード違反で支払う罰金の額

 

では、実際にどれくらいの金額を支払うことになるのか、スピード違反で考えてみましょう。
スピード違反とは、道路交通法では「速度違反」といわれており、制限速度を1kmでも超えていると、取り締まりの対象になります。
速度超過の反則金は、一般道・高速道路共に、1〜14km/hで9,000円、15〜19km/hで12,000円、20〜24km/hで15,000円、25〜29km/hで18,000円となっています。
高速道路の独度超過では、30〜34km/hで25,000円、35〜40km/hで35,000円の反則金が科せられます。
そして一般道では35km/h以上、高速道路では40km/h以上で走行した場合には、罰金が科せられます。
つまり、行政処分と刑事処分の両方が科せられるということです。
この反則金や罰金は、交通違反をしなければ支払わなくてよいものです。
反則金や罰金を払うのはもったいないと考えれば、交通違反を減らすことにつながるかもしれません。

 

交通違反には藩祖金などの行政処分の他に、刑事処分もありうる!

 

交通違反には、「行政処分」と「刑事処分」という処分方法があります。
行政処分とは、免許の停止や取り消し、反則金を科すことです。
交通違反の種類別に、あらかじめ行政処分のないようは決めてあります。
「刑事処分」とは、罰金だけでなく、悪質な場合には懲役や禁錮などの刑罰を科されることです。
交通違反の内容によって、罰金の額や懲役する期間の最大は決められています。
そのため、刑罰の量は、裁判の結果によって、大きく左右されます。
交通違反の中には、酒酔い運転や麻薬等運転、酒気帯び運転のように、一発で免許が取り消しになるだけでなく、高額な罰金、さらに懲役や禁錮などの刑罰を科されるものがあります。
十分に注意しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン