加入しておいて損はなし!個人賠償責任保険ってどんな保険?

個人賠償責任保険って何?どんな保険なの?

 

個人賠償責任保険とは、加入している契約者あるいはその家族が、日常生活の中で他人の物を壊したり、ケガをさせてしまうなど、損害賠償義務を負ったときに、その損害賠償金や弁護士費用などを補償してくれる保険のことをいいます。
個人賠償責任保険単体の商品もありますが、火災保険や損害保険、自動車保険などの特約として、契約することが多いです。
個人賠償責任保険の保険料は安く、1億円の保険金額をかけた火災保険に特約をつけた場合は、月額負担は100円程度です。

 

個人賠償責任保険の対象範囲は?どこまでカバーしてくれるの?

 

個人賠償責任保険は、契約者本人だけでなく、配偶者や同居の親族、生計を共にする別居中の未婚の子どもも対象範囲となります。
つまり、世帯主が個人賠償責任保険に加入すれば、同居の家族のほとんどをカバーすることができるのです。
そして、個人賠償責任保険の適用するケースも幅広いです。
いくつか例をあげて説明すると、マンションで洗濯機の排水ホースが外れて階下に水漏れしたとき、飼い犬が散歩中に通りがかりの人にかみつきケガをさせたとき、ショッピング中に誤って商品を落として壊したとき、スキー場で他のお客さんとぶつかってケガをさせたとき、子どもがキャッチボールをして近所の家の窓ガラスを壊したときなど、あらゆる出来事の損害賠償金や弁護士費用を補償してくれます。
保険料の負担額も安いのですから、加入しておくことをおすすめします。

 

すべてが個人賠償責任保険でまかなえるわけではないので、加入の際には内容を確認しておこう

 

とはいえ、個人賠償責任保険も万能なわけではありません。
対象とならない事故もあるので、契約の際に、きちんと確認しておく必要があります。
例えば、職務遂行中の賠償事故や、所有する車両とそれを使用・管理する際に発生した事故、ケンカ、他人から借りたものを壊した場合、同居親族に対する損害などは、個人賠償責任保険の対象外になります。
きちんと納得した上で、加入することが大事なのです。
また、個人賠償責任保険の加入に際しては、示談交渉サービスがついているかどうかも、きちんと確認しておく必要があります。
自動車事故のように、必ず保険会社の担当者が交渉にあたってくれるとは、限らないのです。
損害賠償に関わる話は、当事者同士だと感情的にこじれるケースが多いので、時短交渉サービスが含まれる個人賠償責任保険がおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン