三菱東京UFJ銀行とgoogleの電子決済サービス「AndroidPay」ってどんなサービス?

三菱東京UFJ銀行とgoogleが2016年秋より「AndroidPay」を開始

 

2016年秋より、三菱東京UFJ銀行とgoogleは、電子決済サービス「AndroidPay」をスタートすると、日経新聞が報じたことは、みなさんの記憶にも新しいことでしょう。
三菱東京UFJ銀行は当面、自行で発行するデビットカードにAndroidPayを対応させ、年内には三菱UFJニコスが発行するクレジットカードまで、拡大させる予定だそうです。
またgoogleは、三菱東京UFJ銀行に留まらず、その他の金融機関とも提携していくとしています。

 

「AndroidPay」って何?他の電子マネーと何が違うの?

 

AndroidPayとは、スマートフォンにアプリをダウンロードし、そこにクレジットカードやデビットカードを登録しておくことで、読み取り機器にかざすと決裁できるというサービスです。
これまでの電子マネーの多くは専用のカードが必要で、事前にチャージしなければならないものも多く、カード本体がなければ取り引きできませんでした。
また、暗証番号の入力やサインを求められるものも多く、店員の手間が増えるという課題がありました。
ですが、AndroidPayを導入すると、これらのカードを持ち歩く必要がなく、より安全な取り引きが可能になると考えられています。
そしてAndroidPayの最大の特徴は、決済手数料がかからないことです。
通常、クレジットカード等での取り引きの場合、商品に対して一定の%の決済手数料を支払わなければなりません。
その分、カード加盟店は利益を減らすことになります。
AndroidPayだと決裁手数料がかからないとなれば、利用を検討する顧客も広がりそうです。

 

三菱東京UFJ銀行とgoogle、それぞれの思惑とは?

 

三菱東京UFJ銀行が他行に先駆けてAndroidPayを決めた背景には、フィンテックという、ITを活用した金融サービスが加速している現実があります。
スイカや楽天エディなどの電子マネーを利用する人も多いですが、使用は国内に限られます。
そうしたスイカや楽天エディの利用者を、国外でも使用可能なAndroidPayに切り替えることで、新規顧客の開拓を見込んでいることが予想されます。
一方のgoogleは、決済手数料を無料にするかわりに、決済データを収集・分析し、自社サイトの中で広告事業の収益拡大の一助にすることを目的としています。
とはいえ、利用者の中にはgoogleに自分の決済データを知られることに、不安を感じる人もいそうです。
また、iPhone7の発売と共に、「Apple Pay」が導入されることも予想されます。
そして、三井住友銀行とNECも新サービスを進めています。
それを踏まえて、三菱東京UFJ銀行とgoogleがAndroidPayを開始し、利用者がどう動くのか、今後の市場動向に注目していきたいところです。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン