金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力

2018年現在、大手消費者金融として、アコムプロミスと共に名を連ねるアイフル
そんなアイフルも少し前までは倒産寸前にまで追い込まれてしまい、銀行からの金融支援を受けるまでに追い込まれました。
チワワCMで絶好調だった2000年代前半から、消費者金融業界全体を危機的状況に追い込んだ過払い金返還請求によって、アイフルも他の貸金業者と同様に、経営に大きな打撃を受けることになるのです。
そこから奇跡の復活劇を果たしたアイフルの道のりを追っていきます。

 

どこが違うの?消費者金融関連記事

 

人気のチワワCMなど業績好調だった2000年代前半のアイフル

人気のチワワCMなど業績好調だった2000年代前半のアイフル
2000年代の前半までアイフルの業績は絶好調でした。
お茶の間での知名度を上げていたのが「くぅ〜ちゃん」と名付けられたチワワのCMです。
CMの人気キャラクターランキングでは常に上位に入り、アイフルのイメージアップに大きく貢献していました。

 

アイフルに限らずその頃の消費者金融大手は向かうところ敵なしといった業績をたたき出しており、夜19時以降のテレビのゴールデンタイムでは、アイフルを始めとして武富士やアコムなど大手消費者金融のCMを目にしない日は無かったほどです。

 

強引な取り立てで2006年に業務停止命令を受ける

アイフルは2006年に金融庁から全店舗の業務停止命令を受けてしまいます。
その原因は「強引な取り立て」です。
当時はまだ消費者金融が厳しい取り立てを行っていた時代で、アイフルもいくつかの店舗が借り手に対して違法な取り立てを行ってしまっていました。

 

中小の消費者金融に対しての全店舗の業務停止命令は過去に例がありましたが、アイフルほどの大手への措置は初めてでした。
非常に大きく報道された結果、アイフルのイメージはかなり悪くなってしまいます。
この業務停止命令がきっかけとなりアイフルの業績は急降下します。

 

もっと知りたい!過払い金請求関連記事

 

多重債務者問題による、過払い金請求訴訟

取り立て問題だけであれば、まだアイフルは十分立ち直ることはできていたでしょう。
さらに、アイフルを深刻に苦しめたのは「過払い金請求」です。
ご存知の通り、多重債務者問題が深刻化したことを背景に、厳しく改正された貸金業法が導入され始めると、消費者金融業界は、一気に傾き始めることになるのです。

 

2006年1月に、それまでの利息制限法を超える金利を廃止し、過去に払いすぎた利息分を返済時期を遡って請求できることが、CMや広告などで大々的に報じられ、マスコミで問題が盛んに取り上げられるようになります。
これはいわゆる「グレーゾーン金利」を最高裁判所が違法とする判決を下した
当時はアイフルに限らずほとんどの消費者金融が、利息制限法という法律で定められた金利上限を守っていませんでした。
決して消費者金融だけが悪いのではなく法律の曖昧さや不備にも原因がありましたが、利息制限法の上限金利18%(貸付金10万円?100万円の場合)を超える金利を設定していたのです。

 

・2006年当時のグレーゾーン金利の状況(貸付金10万円〜100万円)

貸付金利 状況 備考
29.2%超え 出資法違反 出資法にも抵触して刑事罰に該当するため、闇金以外はこの金利帯では貸付は行っていなかった
18.0%超え29.2%以下 グレーゾーン金利
(利息制限法には抵触するが、出資法には抵触しない)
アイフルなど、ほとんどの消費者金融がこのグレーゾーン金利で貸付を行っていた
18.0%以下 適法

※2018年現在、出資法の金利上限は20.0%に引き下げられている

 

2006年の最高裁判所の判例によってグレーゾーン金利で発生した利息(過払い金)は全て借り手に返金しなければいけなくなってしまったのです。
そのため、この判例を根拠に多くの債務者が、過払い金返還請求をするために消費者金融に殺到し、大量の過払い金請求訴訟が起こされ、消費者金融業界は文字通り大混乱に陥りました。

 

過払い金を借り手に返金しなければいけなくなったことから赤字に転落、多くの消費者金融が倒産・廃業に追い込まれてしまったのです。
1年後の2007年3月期の決算では、アイフルアコム武富士プロミスの当時大手消費者金融4社と呼ばれた企業の赤字額合計が、1兆7000億円を超えました
これ以降も、大手消費者金融は、毎年のように億単位の赤字を計上するという異常な事態へと落ち込んでいったのです。

 

この過払い金請求訴訟ブームによって倒産したり、銀行との資本提携の道を選んだりと明暗が分かれます。

 

  • 武富士 → 独自路線 → 倒産
  • アコム → 三菱東京UFJ銀行との資本提携
  • プロミス → 三井住友銀行との資本提携
  • アイフル → 独自路線 → 倒産危機

アコムやプロミスが大手銀行と資本提携することで生き残ったのに対して、独自路線を貫き通そうとした業界最大手の武富士は過払い金請求ブームによって倒産してしまいます。
同じく独自路線を選んだアイフルも、業績の悪化に耐えきれずに倒産寸前にまで追い込まれてしまいました。

 

貸金業界は、昭和から平成の盛況時(1986年)には、その数、なんと47504件。
煌びやかなCMに、繁華街にひしめき合うように掲げられた看板が印象的だった貸金業者は、金融庁によって「貸金業制度等に関する懇談会」が設置された2005年には、18005件とその多くが姿を消したのです。
そして、2008年には、1万件を割り9115件と、一気にその華やかさを失っていきました。

 

改正貸金業法が完全施行された2010年には、その数4057件と2年で約半数になり、2015年には、2011社と業界全体が縮小の一途をたどっていったのです。

 

 

総量規制による貸付の制限

過払い金返還請求で、赤字を計上するばかりか、さらに、貸金業者を陥れたのは、総量規制による貸し付け制限金利の引き下げでした。
2006年12月にグレーゾーン金利撤廃に関する法が成立すると、各社、次々と金利の引き下げを行っていきました。

 

例えば、

アコムは、2007年6月に上限金利を27.35%から18%
同年8月には、アイフルが、それまでの上限金利28%から18%
さらに同年12月には、プロミスが25.55%から17.8%

 

にというように、平均10%弱をそれぞれ引き下げしなければならない厳しい状況を強いられたのです。

 

そのような中で、2010年には、業績や過払い金返済への資金繰りの悪化から武富士が倒産、同じく、大手と言われた三洋信販は、プロミスに吸収合併され解散するなど、業界を牽引してきた大手消費者金融各社が、苦渋の選択を迫られていました。

 

総量規制ってなに?気になるかたはコチラ

 

独立体制を変えずに経営

これによって、例えば、プロミスは、SMBCグループの傘下に入り、SMBCコンシューマーファイナンスに改名。
モビットは、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)の連結子会社となりました。
そして、アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となるなど、この頃、大手消費者金融は、銀行やグループ企業と続々と連携し、後ろ盾を持つことで、体制を強化させ、最悪の事態から逃れたのです。

 

このように、メガバンクとの合併によって、経営危機を脱却していく業界の動きを横目に、大手消費者金融の中で、唯一、銀行とも連携せず、大企業のグループにも属さず、単独で、貫き通してきたのがアイフルです。

 

メガバンクの傘下に入った大手消費者金融が、大きな後ろ盾に、銀行ブランドを使ったイメージアップやさまざまな戦略で、着実に安定を求めていった一方で、アイフルは、独自にこの危機的直面を切り抜けようとしたのです。

 

しかし、次々とグループ企業の傘下入りを決定した同業者の一方で、独立体制を変えずにきたアイフルの経営は、ご存知の通り、非常に厳しい局面に立たされることになります。

 

先にも挙げた通り、2006年にはグレーゾーン金利が撤廃され、各社が金利を引き下げて収益が激減した上に、過払い金の返還請求が始まったことで、赤字となり、その上、総量規制が導入されたことで、多くの顧客を失うことになったのですから、周囲から、いよいよ破綻なのではと囁かれたのも無理もありませんでした。

 

もっと知りたい!過払い金請求関連記事

 

徹底的なコスト削減

この危機的局面で、アイフルは、徹底的なコスト削減を決行します。
経営再建中、事業効率をアップさせるため信販・クレジットカード事業、事業者金融や不動産賃貸事業など徹底したグループ再編を敢行し、さらには、売り上げを左右する生命線であるCMを自粛したのです。

 

東京を中心とした民間放送のCMは、15秒で70万円とも100万円とも言われるレベルで、制作費用や年間に計上するCM関連費用だけでも数十億あるいはそれ以上にもなります。
そうであるにも拘らず、各企業が高額な費用を広告費に投じるのは、CM投資収益率が、大きく事業経営に反映するからなのです。

 

このように、企業それ自体の死活問題に直結するとも言われるCMや広告費の削減、その上、アイフルのCMと言えば、その知名度を一気に高めた程に人気のある作りであっただけに、大変な打撃であったことに違いありません。
しかし、その人気CMをカットするデメリット以上に、この時の経営状態は深刻だったのです。

 

2009年には倒産寸前!主力銀行に金融支援を求める事態に

さらにアイフルは、2009年9月に事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を利用することを発表、また、アイフルは当時メインバンクとしていた住友信託銀行・あおぞら銀行に対して金融支援を持ちかけます。

 

事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)とは?

経営危機に陥った企業が事業再生を図る上で、民事再生法や会社更生法などによる、裁判所の法的な手続きによる紛争解決ではなく、債権者と債務者における当事者間の話し合いにより、問題解決を図る手続きのことです。

そもそも金融支援って何?アイフルだけなの?

金融支援とは金融的な面から企業を支援することで、債権放棄やDES、増資引受(優先株含む)や貸付を行うことです。
アイフルが金融支援を受けていたのは、三井住友信託銀行、あおぞら銀行などの銀行団から金融支援を受けていました。
その他の消費者金融業のアコム、プロミス、レイクなどは銀行の傘下に入っているため金融支援はなく、銀行の傘下ではない最大独立消費者金融業者のアイフルのみが金融支援を受けていたのです。

 

さらに、アイフルは、マスコミでも話題になるほど大々的なリストラを決行しました。
アイフルは、これまで、経営環境の悪化を理由に数回にわたって希望退職者を募っており、2007年には、正社員・非正社員合わせ約11000人のうち2095人が希望しリストラ対象となりました。
そして、数回の大々的なリストラ決行によって、2014年には1310人、2017年9月時点では、社員数1069人とさらに減少していきました。
これによって、退職金支払いによる一時的損失はあったもののリストラ決行後は、数十億円の人件費削減につながったのです。

 

また、コスト削減策は、人件費ばかりではなく、店舗数にも及んでいます。
2007年に発表された「アイフルグループの組織再編・コスト構造改革に関する基本方針」では、有人店舗463店舗から100店舗へ、無人店舗及び簡易申込受付機は1440店から900店へ縮小することを目指し、構造改革によって400億円のコスト削減を目指したのです。

 

このようにアイフルは、店舗の統廃合、人員の効率化、システム開発や各種費用の見直しから、重複業務の削減、屋上看板の撤去や空き店舗など不要資産を処分するなど、細部にわたって、徹底的にコスト削減を行ったのです。
売却できるものは、全てお金に換え、他方で、信用保証事業などグループにおける他分野事業によって、消費者金融事業の収益をカバーしてきたのです。

 

業績好調で2015年に金融支援を完済!

2010年には総量規制という、消費者金融が年収の3分の1以上の貸し付けを禁じる法律が施行されました。
これにより総量規制の影響を受けない銀行カードローンが消費者金融の強力なライバルとなって台頭します。
業務停止命令、過払い金請求、そして総量規制による銀行カードローンの躍進。

 

このような逆風が吹き荒れるなか、アイフルの命運はまさに風前の灯火かと思われましたが、アイフルはなんとか踏みとどまります。

 

さらに、自粛してきたテレビCMも2012年頃から再開させ、過払い金返済ばかりでなく徐々に本来の業務に注力する姿勢を取り戻し、その結果、新規契約者数は、年々、数万件単位で伸びてきたのです。

 

地道な営業努力により業績を立て直し、2015年には前倒しで金融支援を受けていたメインバンクに全額返済を果たしました。
消費者金融の大手アイフルが取引先金融機関から金融支援を受けていた借入金527億円を完済し、金融支援状態から抜け出せました。

 

アイフルが金融支援から抜け出せた理由は積極的なウェブ公告など販促策が奏功して、本業の回復が鮮明になってきたためです。
金融支援から抜け出せたことにより、業容拡大のための新たな資金調達がしやすくなるというメリットが生まれました。

 

アイフルも一時は経営難に陥り、経営再建のために「事業再生ADR」を申請し、債権者に対して債務返済の猶予などを交渉しなければいけなかったほど財政状況はよくりませんでした。

 

しかし、借入金を完済し金融支援を終了したことでアイフルの倒産のリスクは低下したのです。
このようにアイフルは、事業再生ADRを利用したとはいえ、他の大手消費者金融のようにグループ企業の傘下に入らず、独立独歩で、債務返済を行い、企業基盤を再生させることに成功したのです。

 

アイフルが金融支援を完済、消費者金融業界に好調の兆し!?

アイフルが金融支援を完済したことで消費者金融業界の業績が好調してきた兆しがでてきたとみられています。
しかし、消費者金融業界はまだまだ課題は山積みで、最大の問題は利息制限法の上限金利を超えて得た過払い金に関する返還請求です。
利息制限法の改正により過払い金の請求が依然と後をたたない状態です。

 

アイフルに限らず他の消費者金融大手でも過払い金返還の問題が予想以上に長引いていてその負担は大きいでしょう。
過払い金の返還負担がアイフルでも年間300億円ほどかかっていています。
消費者金融業界の経営状態が順調に回復するかどうかは今後の過払い金問題の収束具合と関わってくるでしょうね。

 

銀行カードローン業界の現状

 

アイフルの危機を救った!?消費者金融以外の事業とは?

実は、アイフルのカードローン事業が経営危機に陥った時、アイフルグループとして展開するその他の事業分野が、消費者金融事業の赤字を補填し、支えていたのです。

 

アイフルグループは、SMFGやMUFGの規模には敵わないまでも、個人向けの無担保ローンを中心とした消費者金融事業以外にも、事業者向けローンやクレジットカード事業、事業者金融事業、保証事業など積極的に事業展開し、多角経営によって事業効率の向上を図ってきました。

 

経営が落ち込んでいった時に、他の消費者金融のように、建て直しも利かないという状態にならなかったのは、アイフルグループの多角的な経営によって、さまざまな事業から収益を得ることができ、同時に事業リスクを分散することができたからです。

 

ちなみに、アイフルのグループは、

 

  • アイフル株式会社
  • ライフカード
  • ビジネクスト株式会社
  • アストライ債権回収株式会社
  • AGキャピタル株式会社
  • ライフギャランティー
  • ライフストックセンター
  • 上海三秀
  • REKSA FINANCE
  • AIRA & AIFUL Public Company Limited

 

から構成され、事業は以下のようになっています。
まず、グループ中核企業としての「アイフル株式会社」では、無担保ローンの他、事業者ローン、不動産担保ローン、さらに、信用保証を行っています。

 

「ライフカード」では、クレジットカードで有名ですが、この事業の他、プリペイドカード事業、信用保証事業なども行い、「ビジネクスト株式会社」では、事業者ローンと不動産担保ローン事業を、「アストライ債権回収株式会社」では、特定金融債権の管理・回収をしています。

 

また、ベンチャービジネスへの投資会社である「AGキャピタル株式会社」、収納代行や信用保証を行う「ライフギャランティー」、倉庫事業や文書管理代行事業を行う「ライフストックセンター」、そしてリース事業を行う「上海三秀」

 

さらに、アイフルによる出資比率は、100%ではありませんが、中古車オートローンを取り扱う「REKSAFINANCE」、消費者金融事業を行う「AIRA&AIFULPublicCompanyLimited」などもグループ企業です。

 

このAIRA&AIFULは、タイ王国の持ち株会社であるアイラ・キャピタルと設立した合弁会社ですが、2014年の設立発表当時は、タイの消費者金融市場で3年以内にトップ3入り、将来的には業界トップを目指すとアイフル代表が発表しています。
そして、実際には、店舗拡大や広告宣伝による先行投資が続いているものの、確実に残高が拡大しています。

 

このように、多様な事業と消費者金融事業、また、日本だけに留まらないこの経営によって、営業貸付金利息収入、包括信用購入あっせん収益、信用保証収益などを主に2017年3月期には、連結営業収益914億円をあげ、グループ全体で窮地を脱してきたのです。

 

クレジットカードは総量規制に関係ある?

 

復活をはたしたアイフルの今後

アイフルは現在、アコムやプロミスと共に大手消費者金融として名を連ねています。
アコムやプロミスはいずれも大手銀行の傘下に入っていますが、アイフルは依然として独自路線を貫き通しています。

 

また、過去に強引な取り立てで業務停止命令を受けた教訓をいかし、現在は業界大手として延滞している人に対してもコンプライアンスを守った対応を取っています。
「消費者金融の取り立ては厳しい」というイメージのが払拭に見事に成功したのです。
大手であるアイフルなどに習い、中小の消費者金融でも延滞利用者に対して以前のような厳しい取り立てはほとんど無くなりました。

 

銀行からの金融支援を完済したことで、今後は積極的に資金調達をすることも可能になり、利用者に対してメリットのあるサービスを続々とリリースすることが予想されています。
復活を果たした、即日融資も可能な独立系消費者金融アイフルの今後に要注目です。

 

アイフルの審査や口コミ、即日融資についてもっと知りたい方♪

 

金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力

アイフル

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1,000円〜800万円
・融資スピード:最短即日
※申込みの時間帯により翌日以降になる場合あり。
アイフル,金融支援,過払い金請求土日祝日も自動契約機なら21時まで契約から借入までが可能で、最短30分でカード発行。


金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力 金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

アイフル関連記事一覧

カードレス、即日融資OK!アイフルのWEB完結申込の申込〜借入、返済まで徹底解説...

日進月歩で進化しているのが医学とカードローン。特に消費者金融は顧客サービス改善、新サービスの導入に力を入れていますが、今回はアイフルのWEB完結申込にクローズアップ!大手消費者金融の中でも、独立系として疾走するアイフルの新しい申込み方法とはいったいどのようなサービスなのでしょうか?アイフルの新WEB...

» 続きを読む

アイフルの即日融資を徹底解説!振込融資には注意点あり

即日融資が可能なことは消費者金融の大きな特徴です。アイフルでの借入も例外ではありません。ここでは、アイフルの即日融資について注意点も含めてまとめました。アイフルの即日融資方法(1)WEB完結申込みから融資までのすべてがWEBで完結できます。受付完了メール確認後に電話(フリーダイヤル、9時〜21時)を...

» 続きを読む

アイフルの審査は厳しい?審査に通過するために知っておきたい、審査基準と対策を解説...

アイフルは、他の銀行系消費者金融のアコムやプロミスと違い、独立系消費者金融です。銀行の傘下ではないため、審査も自社のみの判断ということになりますね。消費者金融の審査は緩い、甘い、といった認識が持たれていますが、唯一独自経営のアイフルの審査はどうなのか気になるところです。アイフルの1秒診断は何を審査し...

» 続きを読む

アイフルは土日祝日の即日融資も可能!確実に融資を受けるためのコツとは?

即日審査、即日融資が可能なのは消費者金融の最大のメリット。それは当然消費者金融のアイフルでも同じことです。しかもアイフルなら土日祝日でも即日融資が可能!土日祝日に急に現金を借りなくてはいけなくなった人でも、アイフルに申し込めば安心です。この記事ではアイフルで土日祝日に即日融資を受けるためのコツと注意...

» 続きを読む

アイフル会員ページへのログインで可能なことを解説!アプリの新サービスも紹介

即日融資も可能な消費者金融大手のアイフルにはスマホやパソコンからログインして利用できる「会員メニュー」が用意されています。・借入残高や返済日などの確認・限度額の増額申し込み・返済日お知らせメールの設定・振り込みキャッシングわざわざアイフルに電話したりATMに行かなくても、自分の借入状況の確認や、さま...

» 続きを読む

アイフルの在籍確認を徹底解剖!なしにする方法はある?

アイフルに借入を申込むときは、借入申込から借入までの流れを知ることが大切です。また、借入にともなう不安や心配事を解決する必要もあります。ここでは、そのひとつ「在籍確認」についてまとめました。アイフルの場合も在籍確認は必要!ただし例外もアイフルでお金を借りるとき、在籍確認があるか気にする人もいるのでは...

» 続きを読む

女性でも安心!アイフルのレディースローン スラリ(SuLaLi)を徹底解剖!

アイフルが女性向けカードローンとして提供しているスラリ(SuLaLi)は、手続きがシンプルなのに女性が求めるローンの条件をしっかりと満たしているということで高い人気を誇っています。レディースローン スラリ(SuLaLi)はどのような商品なのか、また、どのようなメリットやデメリットがあるのかについて解...

» 続きを読む

アイフルのおまとめローンを徹底解説!気になる審査基準は?!

アイフルのおまとめローン「おまとめmax」と「かりかえmax」とは?審査は甘いの?複数社からの借金を一本化し、月々の返済や金利負担を軽くすることができるのがおまとめローンです。大手消費者金融として有名なアイフルにも「おまとめmax」と「かりかえmax」という2種類のおまとめローンがあります。商品内容...

» 続きを読む

アイフル返済額は月々4,000円からOK!

即日融資も可能な大手消費者金融のアイフルからお金を借りたら、もちろん返済しなければいけません。無理してたくさん借り入れしてしまうと、返済額が負担になってしまいます。自分の身の丈にあった借り入れ額に抑えるためにも、どのぐらい借りたらどれだけ返済しなければいけないのかを事前に把握するべきです。アイフルで...

» 続きを読む

アイフルのローンは7種類!限度額や金利の違いを表で確認!

大手消費者金融のアイフルは、複数のローンを提供しています。各ローンは特徴が異なり、場合によっては審査すら受けられない場合も。これからアイフルのローンを利用する予定の人は、最も適したものを選びましょう。商品名種類金利最大限度額キャッシングローンカードローン3.0%〜18.0%800万円SuLaLiカー...

» 続きを読む

アイフルで家族にバレずに借りるには自動契約機がベスト!バレない方法の徹底解説!

アイフルの借入方法はさまざま・・・その中でもバレたくない希望を叶える方法は?予期しない出費が重なったり、予定より収入が少なくてお金に困り、いざ消費者金融からお金を借りようと思ったときには、自然とこう思うのではないでしょうか…「あまり人にはバレたくないな」、と。お金を借りることはおおっぴらに言いふらし...

» 続きを読む

いざという時に慌てないために!アイフルのキャッシング申込の必要書類が知りたい!

揃えるのはこれだけ!アイフルのキャッシングには何が必要?即日融資も可能なアイフルのキャッシングを利用するためには、必ず所定の書類を提出しなければなりません。書類が揃っていなければ契約することができませんので、必要な書類を事前にチェックしておきましょう。アイフルの申し込みに必要な書類には以下の2つがあ...

» 続きを読む

アイフルは無利息サービスが受けられる!いくら借りても金利0のお得なサービスを徹底...

金融機関からお金を借りると金利によって必ず利息が発生します。即日融資も可能なアイフルを初めて利用する人なら30日間限定でなんと金利0。つまり10万円借りたら、10万円だけ返済すればいいのです。これがアイフルの無利息サービスです。この記事ではアイフルの無利息サービスの利用方法や注意点、他社との比較を徹...

» 続きを読む

アイフル限度額を上げる増額審査を解説!申し込み方法や審査のコツとは?

「もう少しでアイフルの限度額ぎりぎりまで借りてしまう」「もっと限度額があれば憧れの海外旅行に行けるのに」こんな風に考えている人は「アイフルの限度額の増額」を検討しましょう!アイフル入会時に決められた限度額は、ずっとそのまま変わらないわけではありません。一定の基準を満たせば限度額は増額されます。アイフ...

» 続きを読む

アイフルの返済シミュレーションを立てて計画的に返済しよう

「返済シミュレーション」をご存知でしょうか?大手消費者金融アイフルが公式サイトで提供している便利なサービスです。返済シミュレーションを使えば、金利の仕組みや利息額計算がわからない人でも、簡単に返済までの道のりが明確になります。この記事ではアイフルの返済シミュレーションの使い方や、金利と返済額の仕組み...

» 続きを読む

アイフルのカードを紛失したらすぐに再発行を!方法と注意点とは

「財布を落としてしまった…」と真っ青になってしまっているあなた。落ち着いてください。財布に入っていた現金への未練は捨てて、まず各種カードを使えなくなる手続きをするべきです。・キャッシュカード・クレジットカードこれらのカードはいますぐに止めるべきです。そして忘れてはいけないのが「アイフルのカード」。も...

» 続きを読む

アイフルの解約方法を解説!退会時には完済証明書をもらうべき?

大手消費者金融アイフルを解約するにはどうすればよいでしょうか?また、アイフルを解約する際に注意すべき点はあるのでしょうか?アイフルへの申し込みに関する情報は多くみられますが、解約に関する情報はあまり見られません。今回はアイフルの解約やその際の注意点などについて詳しく解説します。解約以外にも知りたいこ...

» 続きを読む

【アイフル体験談】お受験で財布がピンチ!

「カードローンなどを利用している」というと、お金にルーズな人だというイメージが世の中には存在するようです。しかし、実際には環境や状況が変わってやむを得ず利用しているケースが非常に多いんです。今回体験談を寄せてくださった方も、まさにそんな一人です。

» 続きを読む

アイフルの事業者向けローンの必要書類と審査の流れを徹底検証!

WEB完結によるカードレス融資やチャットボット「ルフィア」による相談窓口設置など、顧客心理を掴んだ金融サービスを充実させているアイフル。今回は独立系消費者金融アイフルが送る、個人事業主の方でも借入可能な「事業サポートプラン」をご紹介したいと思います。年収はいくら位必要?審査基準はなに?など個人で会社...

» 続きを読む

金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力

2018年現在、大手消費者金融として、アコム、プロミスと共に名を連ねるアイフル。そんなアイフルも少し前までは倒産寸前にまで追い込まれてしまい、銀行からの金融支援を受けるまでに追い込まれました。チワワCMで絶好調だった2000年代前半から、消費者金融業界全体を危機的状況に追い込んだ過払い金返還請求によ...

» 続きを読む

【アイフル体験談】病気の親を抱えたのを機にやむを得ず…

決してぜいたくにふけったり無計画なお金の使い方をしていなくても、ときには急にまとまったお金が必要になることはあるものです。特に、それがかわいい子どもの将来のためとなれば、なんとしても出してあげたいのが親心。今回ご紹介する方も、普段は堅実な暮らしをしていたものの、お受験に際して急にまとまったお金が必要...

» 続きを読む

【アイフル体験談】資金繰りに行き詰った個人事業主の取った打開策とは?

堅実に地元密着で内装業を営んできたKさんでしたが、値下げ安売りの世の中に逆らえず、受注単価を下げていくうちに資金繰りに苦しむことになってしまいます。その場しのぎに自分の貯金を割り当てて当座の会社の資金としてきたのですが、その貯金も尽きて、妻の不審の目もやり過ごせなくなってきた・・・そうして藁をもつか...

» 続きを読む

【アイフル体験談】酔いつぶれてすっからかんになったけど…

アラフォーの独身生活を楽しんでいるNさん。彼はお酒には強くないもののお酒の場そのものは大好きで、週末になればどこぞの飲み屋に繰り出すのが、ほぼ生きがいといっても良いくらいでした。そうしていつものように飲みに繰り出したとある夜、意識を失い酔いつぶれている間に、Nさんは財布をすられてしまいます。財布には...

» 続きを読む

【アイフル体験談】やり方次第でデメリットなし!利用価値大な選択肢!

家の冷蔵庫が急に壊れたため、あわてて代わりを購入する必要に迫られたIさん。家電量販店でタイミングよくかなりお得な商品を見つけることができましたが、現金一括購入だとさらに5000円の割引が受けられるというキャンペーンに心惹かれ、現金で購入したいと考えます。が、すぐに全額現金を用意できそうにはなく…、彼...

» 続きを読む

アイフルってどんな会社なの?人気と信頼の裏側に迫る!

アイフルと言えば、お笑いコンビのCMで有名な消費者金融業界トップの企業です。融資を受けたいと考えた時、消費者金融の中でも、大手のアイフルやアコム、プロミスを選択肢に掲げる人は多いですね。しかし、知名度が高く、大手消費者金融としても有名な、このアイフルでも、「借金」というイメージやひと昔前のサラ金の騒...

» 続きを読む

アイフルでも始まった30日間無利息。各社の仕組みをおさらいしよう!

アコム、プロミスに続いてアイフルでも始まった無利息期間。その特徴とは?無利息期間のあるキャッシングの先駆けは、アコムとプロミスでした。アコムでは、初めての利用者で、35日ごとの返済期日で契約する方に限り、契約の翌日から30日観は無利息としています。プロミスは、初めての利用者で、Eメールアドレスを登録...

» 続きを読む

銀行カードローンよりお得なアイフルのファーストプレミアム・カードローンとは?気に...

ファーストプレミアムカードローンとは、アイフルのローン商品の一つです。この商品は公式でも情報が少なく、利用条件が厳しい面もあり、自分でも申し込んでいいものか、わかりづらく迷ってしまいますね。そこで今回、ファーストプレミアムカードローンの特徴や、どんな人に向いてるのかなどを徹底解説していきますね。おま...

» 続きを読む

アイフルで利用できるコンビニATMを徹底調査!借入・返済もより一層便利に!

すぐにお金を借りたい方にとって、アイフルが利用できるコンビニATMは非常にありがたい存在です。アイフルの店舗やATMが近くになくても、提携ATMを設置しているコンビニさえあればいつでもどこでも現金を手にすることができ、困った時の強い味方になります。また、借入だけでなく返済にも対応しているので、お金に...

» 続きを読む

アイフルのグレーゾーン金利時代の実態と過払い金訴訟での対応をしっかり解説!

貸金業法が改正されるまで存在していたグレーゾーン金利は、多くの債務者や自己破産者を生んだ大きな要因とされるものでした。かつてはアイフルもそのグレーゾーン金利で契約を行っていたため、法律の改正後には同様の消費者金融業者とともに多くの過払い金訴訟を抱えることとなりました。アイフルはその訴訟に対してどのよ...

» 続きを読む

アイフルで利用できる提携ATMは?銀行名や手数料をチェック!

大手消費者金融のアイフルは、多くの銀行・コンビニATMと提携しています。今回は、アイフルのお取引(借り入れ・返済)ができる提携ATMについて詳しく解説!既にアイフルを利用中の方も、これから利用を考えている方も、提携ATMの銀行名、コンビニ名、手数料や、利用できる営業時間をチェックして便利に活用しまし...

» 続きを読む

アイフルはブラックリストに入っていても審査に通る?借りるよりも債務整理を検討すべ...

アイフルなどのカードローンでお金を借りるためには、審査に通過しなくてはいけません。その審査で重要なの要素の1つは収入ですが、それと同じくらい信用情報が大切になります。そして、信用情報と関係してくるものにブラックリストという言葉があります。ブラックリストに載っている状態ではカードローンの審査に通過する...

» 続きを読む