アイフル返済額は月々4,000円からOK!

即日融資も可能な大手消費者金融のアイフルからお金を借りたら、もちろん返済しなければいけません。
無理してたくさん借り入れしてしまうと、返済額が負担になってしまいます。
自分の身の丈にあった借り入れ額に抑えるためにも、どのぐらい借りたらどれだけ返済しなければいけないのかを事前に把握するべきです。
アイフルですでに借りている人も、これから借りる予定の人も「毎月の返済額」についてこの記事で確認しておきましょう!

アイフルの毎月の返済額は借入残高で決まる

アイフルの返済額は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」で決まります。
かなり長い名前で難しそうですね。
ようするに「最終借り入れ後の、アイフルからの借り入れ総額」によって決まるということです。
借り入れ総額が多い人ほど、毎回の返済額も多くなります。
また、アイフルでは「サイクル制」と「約定日制」の2つの返済方法を選べますが、微妙に返済額が異なります。

・サイクル制…35日ごとに返済で、毎回の返済額が若干高い
・約定日制…毎月一定日に返済

アイフルの返済額
実際の返済額の表を見てみましょう。約定日制だと最低4000円からの返済額となっています。

借入直後残高 サイクル制 約定日制
1円〜100,000円 5,000円 4,000円
100,001円〜200,000円 9,000円 8,000円
200,001円〜300,000円 13,000円 11,000円
300,001円〜400,000円 13,000円 11,000円
400,001円〜500,000円 15,000円 13,000円
500,001円〜600,000円 18,000円 16,000円
600,001円〜700,000円 21,000円 18,000円
700,001円〜800,000円 24,000円 21,000円
800,001円〜900,000円 27,000円 23,000円
900,001円〜1,000,000円 30,000円 26,000円

1,000,001円以降
※10万円増えるごとに返済額が1,000円ずつ加算

1,000円ずつ加算 1,000円ずつ加算

引用:アイフル公式ページ

 

「最終借り入れ後残高」の罠
30万円を借りていた人が徐々に返済を進めて、借入残高を10万円にまで減らしたとしましょう。
この場合は当然上の表を見る限り、返済額は減るように感じられるかもしれません。
しかし必ずしもそうならないのがアイフルの「最終借り入れ後残高」の難しいところです。
アイフルの返済額の基準となる借り入れ残高は、あくまで「最後に借りた直後の残高」です。
つまり、もし30万円を借りた後に、1度も借り入れをしなかったとしましょう。
その後2年間かけて借入残高を10万円にまで減らしたとしても、返済額の基準となるのは30万円のまま変わらないのです。
消費者金融や銀行カードローンでは、返済をすればするほど返済額が減っていくイメージを持っている人もいるかもしれませんので、この点には注意が必要です。

もし返済額を下げたければ、必要がなくても1度借り入れをして、最終借り入れ後残高を減らしましょう。

 

借り入れをすれば返済額が下がる、というのは不思議な感じがするかもしれませんが、これがアイフルの返済額の仕組みなのです。

返済シミュレーションすれば安心♪関連記事はコチラ

追加返済で返済額を増やすこともできる

前の章で解説した返済額は、あくまで「毎回の最低返済額」です。
アイフルでは自ら多めに返済する方法も用意されています。
それが追加返済(繰り上げ返済)です。

 

・追加返済の方法
追加返済の方法は簡単です。
毎月の最低返済額より多めにATMなどで入金すればいいのです。
例えば今月の返済額が5,000円だとしましょう。
ATMで返済する時に7,000円を入金すると、差額の2,000円は追加返済と扱われます。
追加返済が可能な返済方法は以下の通りです。

・ATM(コンビニ、アイフル)
・振り込み
・店頭返済

逆に「口座振替(口座引き落とし)」は追加返済ができません。
口座振替を毎回の返済方法として設定している人は、ATMなどで追加返済をしてください。

 

・追加返済すると早めに完済できる
追加返済で返済額を増やせば増やすほど、アイフルへの完済は早まります。
毎回たったの1,000円でも返済額を増やすだけで驚くほど返済期間が短くなるのです。
少しでもアイフルに早く完済するためにも、毎月少しだけ節約を頑張って追加返済額を増やしましょう。

 

一括返済の方法と注意点!コンビニでは不可能?

もう少しでアイフルに完済できそうであれば「一括返済」してしまいましょう。
晴れてあなたもアイフルを完済したことになります。
その後はもう返済日のたびにATMに駆け込む必要はなくなるのです。

 

・一括返済は返済日当日の返済額に注意
一括返済は通常の返済よりも注意が必要です。
特に「一括返済をする当日の返済額」には十分に気をつけてください。
アイフルから借りた残高は、毎日のように金利によって利息がつきます。
借り入れや返済をしていなくても、1日経っただけで借り入れ残高は増えるのです。
1円でも返済金額が足りないと一括返済したことにはなりませんので、必ず「一括返済日当日の返済額」を確認するようにしてください。

 

・おすすめの一括返済の方法

1.一括返済日の決定
2.アイフルの会員専用コールセンターに電話し、一括返済日当日の返済額を確認
電話したその日の返済金額ではありません。
一括返済日時点の返済額を聞きましょう。
「○月○日に一括返済をする予定なので、その日の返済額を教えて欲しい」と伝えましょう。
3.振り込みで返済額を入金
おすすめの方法は1円単位で返済できる「振り込み」です。
自分専用の返済用振り込み先は、会員メニューから確認することができます。
振込手数料がかかることも忘れないでください。

 

・コンビニATM等での一括返済の注意点
コンビニやアイフルなどのATMでも一括返済は可能です。
しかしATMでは1円単位で返済できず、1,000円単位となってしまいます。
そのため「多めに返済する」ようにしましょう。
多めに返済した分はアイフルの預り金となり、もしその後解約するなら返金してもらえます。
ただし解約時の返金手続きはけっこう面倒なので、

1円単位で返済できる振り込みでの一括返済を強くおすすめします。

 

アイフルの解約方法についても知っておきたい!


最低返済額だけでなく追加返済で少しでもアイフル完済を早めよう

以上、アイフルの返済額について解説してみました。

・返済額は「最終借り入れ後残高」によって決まる
・しばらく借り入れしていなかったら1万円でも借りることで返済額を下げられるかもしれない
・追加返済で返済額を増やせば完済が早まる
・一括返済時には返済日当日の返済額を必ず確認

この4点を押さえておけばアイフルの返済額についての基本はバッチリでしょう!
最後に追加返済の重要性についてもう一度触れておきましょう。
アイフルは消費者金融なのでそれなりに金利は高いです。
少しでも早く返済するためにも、毎回の返済額を追加返済によって上乗せすることが重要となります。
最低返済額だけを返済し続けるのではなく、1000円でも構いませんので追加返済するようにしましょう!

 

人気の消費者金融はどこ?気になる方はコチラへ

アイフルの審査や口コミについて知りたい方♪

 

アイフル返済額は月々4,000円からOK!

アイフル

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1万円〜800万円
・融資スピード:最短即日
※最短30分でカード発行
アイフル,返済額,一括返済,返済,コンビニ土日祝日も自動契約機なら21時まで契約から借入までが可能で、最短30分でカード発行。


アイフル返済額は月々4,000円からOK! アイフル返済額は月々4,000円からOK!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

アイフルの関連記事一覧

カードレス、即日融資OK!アイフルのWEB完結申込の申込〜借入、返済まで徹底解説...

日進月歩で進化しているのが医学とカードローン。特に消費者金融は顧客サービス改善、新サービスの導入に力を入れていますが、今回はアイフルのWEB完結申込にクローズアップ!大手消費者金融の中でも、独立系として疾走するアイフルの新しい申込み方法とはいったいどのようなサービスなのでしょうか?アイフルの新WEB...

» 続きを読む

アイフルの即日融資を徹底解説!振込融資には注意点あり

即日融資が可能なことは消費者金融の大きな特徴です。アイフルでの借入も例外ではありません。ここでは、アイフルの即日融資について注意点も含めてまとめました。アイフルの即日融資方法(1)WEB完結申込みから融資までのすべてがWEBで完結できます。受付完了メール確認後に電話(フリーダイヤル、9時〜21時)を...

» 続きを読む

アイフルの審査は厳しい?審査に通過するために知っておきたい、審査基準と対策を解説...

アイフルは、他の銀行系消費者金融のアコムやプロミスと違い、独立系消費者金融です。銀行の傘下ではないため、審査も自社のみの判断ということになりますね。消費者金融の審査は緩い、甘い、といった認識が持たれていますが、唯一独自経営のアイフルの審査はどうなのか気になるところです。アイフルの1秒診断は何を審査し...

» 続きを読む

アイフルは土日祝日でも即日融資可能!確実に融資を受けるためのコツとは?

即日審査、即日融資が可能なのは消費者金融の最大のメリット。それは当然消費者金融のアイフルでも同じことです。しかもアイフルなら土日祝日でも即日融資が可能!土日祝日に急に現金を借りなくてはいけなくなった人でも、アイフルに申し込めば安心です。この記事ではアイフルで土日祝日に即日融資を受けるためのコツと注意...

» 続きを読む

アイフル会員ページへのログインで可能なことを解説!アプリの新サービスも紹介

即日融資も可能な消費者金融大手のアイフルにはスマホやパソコンからログインして利用できる「会員メニュー」が用意されています。・借入残高や返済日などの確認・限度額の増額申し込み・返済日お知らせメールの設定・振り込みキャッシングわざわざアイフルに電話したりATMに行かなくても、自分の借入状況の確認や、さま...

» 続きを読む

アイフルの在籍確認を徹底解剖!なしにする方法はある?

アイフルに借入を申込むときは、借入申込から借入までの流れを知ることが大切です。また、借入にともなう不安や心配事を解決する必要もあります。ここでは、そのひとつ「在籍確認」についてまとめました。アイフルの場合も在籍確認は必要!ただし例外もアイフルでお金を借りるとき、在籍確認があるか気にする人もいるのでは...

» 続きを読む

女性でも安心!アイフルのレディースローン スラリ(SuLaLi)を徹底解剖!

アイフルが女性向けカードローンとして提供しているスラリ(SuLaLi)は、手続きがシンプルなのに女性が求めるローンの条件をしっかりと満たしているということで高い人気を誇っています。レディースローン スラリ(SuLaLi)はどのような商品なのか、また、どのようなメリットやデメリットがあるのかについて解...

» 続きを読む

アイフルのおまとめローンを徹底解説!気になる審査基準は?!

アイフルのおまとめローン「おまとめmax」と「かりかえmax」とは?審査は甘いの?複数社からの借金を一本化し、月々の返済や金利負担を軽くすることができるのがおまとめローンです。大手消費者金融として有名なアイフルにも「おまとめmax」と「かりかえmax」という2種類のおまとめローンがあります。商品内容...

» 続きを読む

アイフル返済額は月々4,000円からOK!

即日融資も可能な大手消費者金融のアイフルからお金を借りたら、もちろん返済しなければいけません。無理してたくさん借り入れしてしまうと、返済額が負担になってしまいます。自分の身の丈にあった借り入れ額に抑えるためにも、どのぐらい借りたらどれだけ返済しなければいけないのかを事前に把握するべきです。アイフルで...

» 続きを読む

アイフルのローンは7種類!限度額や金利の違いを表で確認!

大手消費者金融のアイフルは、複数のローンを提供しています。各ローンは特徴が異なり、場合によっては審査すら受けられない場合も。これからアイフルのローンを利用する予定の人は、最も適したものを選びましょう。商品名種類金利最大限度額キャッシングローンカードローン3.0%〜18.0%800万円SuLaLiカー...

» 続きを読む

アイフルで家族にバレずに借りるには自動契約機がベスト!バレない方法の徹底解説!

アイフルの借入方法はさまざま・・・その中でもバレたくない希望を叶える方法は?予期しない出費が重なったり、予定より収入が少なくてお金に困り、いざ消費者金融からお金を借りようと思ったときには、自然とこう思うのではないでしょうか…「あまり人にはバレたくないな」、と。お金を借りることはおおっぴらに言いふらし...

» 続きを読む

いざという時に慌てないために!アイフルのキャッシング申込の必要書類が知りたい!

揃えるのはこれだけ!アイフルのキャッシングには何が必要?即日融資も可能なアイフルのキャッシングを利用するためには、必ず所定の書類を提出しなければなりません。書類が揃っていなければ契約することができませんので、必要な書類を事前にチェックしておきましょう。アイフルの申し込みに必要な書類には以下の2つがあ...

» 続きを読む

アイフルは無利息サービスが受けられる!いくら借りても金利0のお得なサービスを徹底...

金融機関からお金を借りると金利によって必ず利息が発生します。即日融資も可能なアイフルを初めて利用する人なら30日間限定でなんと金利0。つまり10万円借りたら、10万円だけ返済すればいいのです。これがアイフルの無利息サービスです。この記事ではアイフルの無利息サービスの利用方法や注意点、他社との比較を徹...

» 続きを読む

アイフル限度額を上げる増額審査を解説!申し込み方法や審査のコツとは?

「もう少しでアイフルの限度額ぎりぎりまで借りてしまう」「もっと限度額があれば憧れの海外旅行に行けるのに」こんな風に考えている人は「アイフルの限度額の増額」を検討しましょう!アイフル入会時に決められた限度額は、ずっとそのまま変わらないわけではありません。一定の基準を満たせば限度額は増額されます。アイフ...

» 続きを読む

アイフルの返済シミュレーションを立てて計画的に返済しよう

「返済シミュレーション」をご存知でしょうか?大手消費者金融アイフルが公式サイトで提供している便利なサービスです。返済シミュレーションを使えば、金利の仕組みや利息額計算がわからない人でも、簡単に返済までの道のりが明確になります。この記事ではアイフルの返済シミュレーションの使い方や、金利と返済額の仕組み...

» 続きを読む

アイフルのカードを紛失したらすぐに再発行を!方法と注意点とは

「財布を落としてしまった…」と真っ青になってしまっているあなた。落ち着いてください。財布に入っていた現金への未練は捨てて、まず各種カードを使えなくなる手続きをするべきです。・キャッシュカード・クレジットカードこれらのカードはいますぐに止めるべきです。そして忘れてはいけないのが「アイフルのカード」。も...

» 続きを読む

アイフルの解約方法を解説!退会時には完済証明書をもらうべき?

大手消費者金融アイフルを解約するにはどうすればよいでしょうか?また、アイフルを解約する際に注意すべき点はあるのでしょうか?アイフルへの申し込みに関する情報は多くみられますが、解約に関する情報はあまり見られません。今回はアイフルの解約やその際の注意点などについて詳しく解説します。アイフルで完済したら解...

» 続きを読む

【アイフル体験談】お受験で財布がピンチ!

「カードローンなどを利用している」というと、お金にルーズな人だというイメージが世の中には存在するようです。しかし、実際には環境や状況が変わってやむを得ず利用しているケースが非常に多いんです。今回体験談を寄せてくださった方も、まさにそんな一人です。

» 続きを読む

アイフルの事業者向けローンの必要書類と審査の流れを徹底検証!

WEB完結によるカードレス融資やチャットボット「ルフィア」による相談窓口設置など、顧客心理を掴んだ金融サービスを充実させているアイフル。今回は独立系消費者金融アイフルが送る、個人事業主の方でも借入可能な「事業サポートプラン」をご紹介したいと思います。年収はいくら位必要?審査基準はなに?など個人で会社...

» 続きを読む

アイフルが金融支援を完済!倒産寸前に陥ったアイフル激動の15年とは

2018年現在、消費者金融業界で3番目の規模を誇るアイフル。そんなアイフルも少し前までは倒産寸前にまで追い込まれてしまい、銀行からの金融支援を受けるまでに追い込まれました。チワワCMで絶好調だった2000年代前半から、過払い金請求訴訟で業績が急激に悪化し、そこから奇跡の復活劇を果たしたアイフル激動の...

» 続きを読む

【アイフル体験談】病気の親を抱えたのを機にやむを得ず…

決してぜいたくにふけったり無計画なお金の使い方をしていなくても、ときには急にまとまったお金が必要になることはあるものです。特に、それがかわいい子どもの将来のためとなれば、なんとしても出してあげたいのが親心。今回ご紹介する方も、普段は堅実な暮らしをしていたものの、お受験に際して急にまとまったお金が必要...

» 続きを読む

【アイフル体験談】資金繰りに行き詰った個人事業主の取った打開策とは?

堅実に地元密着で内装業を営んできたKさんでしたが、値下げ安売りの世の中に逆らえず、受注単価を下げていくうちに資金繰りに苦しむことになってしまいます。その場しのぎに自分の貯金を割り当てて当座の会社の資金としてきたのですが、その貯金も尽きて、妻の不審の目もやり過ごせなくなってきた・・・そうして藁をもつか...

» 続きを読む

【アイフル体験談】酔いつぶれてすっからかんになったけど…

アラフォーの独身生活を楽しんでいるNさん。彼はお酒には強くないもののお酒の場そのものは大好きで、週末になればどこぞの飲み屋に繰り出すのが、ほぼ生きがいといっても良いくらいでした。そうしていつものように飲みに繰り出したとある夜、意識を失い酔いつぶれている間に、Nさんは財布をすられてしまいます。財布には...

» 続きを読む

【アイフル体験談】やり方次第でデメリットなし!利用価値大な選択肢!

家の冷蔵庫が急に壊れたため、あわてて代わりを購入する必要に迫られたIさん。家電量販店でタイミングよくかなりお得な商品を見つけることができましたが、現金一括購入だとさらに5000円の割引が受けられるというキャンペーンに心惹かれ、現金で購入したいと考えます。が、すぐに全額現金を用意できそうにはなく…、彼...

» 続きを読む