リストラされて無職になった時のクレジットカードの支払いはどうすればいい?

リストラされて無収入になり、クレジットカードの支払いができない時、まずどうしたらいい?

 

クレジットカードは、後払いを前提に商品を先に受け取る際に利用するものですので、自分が無収入になったからといって、返済義務を逃れることはできません。

 

だからこそ、リストラで収入がなくなった時には、すぐに対応を考える必要があります。

 

支払いが難しくなった時にはまず、クレジットカードの支払金額を下げてみてください。クレジットカードで一括払いしたものは、分割払いの制限額の範囲内であれば、回数払いに変更することができます。自分が支払える金額になるように、分割払いの申請をしてみましょう。

 

次に、支払いの期日を延長することです。クレジットカードの口座引き落とし日に残高不足だった場合、再引き落としの連絡がきます。それまでの間に、引き落とし額を用意するのです。ただし、再引き落としが確認されるまで、クレジットカードを利用することはできません。

 

 

支払額を用意する目途が立たない時こそ、クレジットカード会社に電話しよう!

 

支払額の減額や期日の延長も検討したものの、それでも引き落とし額を用意できないこともありえます。

 

そういう時こそ、クレジットカード会社に電話して、相談するのがベストです。

 

支払期日の前に連絡し、事情を話しておけば、クレジットカード会社も親切に対応してくれる可能性があります。

 

支払期日にはいくらくらい、その後はどれくらいの金額を支払うことが可能なのかを試算して、まずは電話で相談しておきましょう。

 

ただし、支払日が遅れれば遅れるほど、延滞損害金が加算されることも忘れてはいけません。

 

 

ブラックリストに載らないためにできること。そして、最後にとるべき手段とは?

 

クレジットカードや各種ローンの利用や返済の状況は、個人情報信用機関に登録されています。

 

申込件数から金額、利用額、返済額など、あらゆる情報が共有されており、金融事故を起こすとその履歴も残るため、いわゆるブラックリスト入りすることになります。

 

とはいえ、クレジットカードで1回延滞をしたからといって、すぐにブラックリストに載るわけではありません。

 

ブラックリストに載るのは、

 

  • 長期間延滞している
  • 頻繁に延滞を繰り返している
  • キャッシングしているのに返済をしていない
  • クレジットカード会社から強制解約させられた

 

といった場合だけです。

 

クレジットカードの支払いができないからといって放置し、督促状が届いても無視していると、クレジットカードの強制解約はもちろん、財産の差し押さえをされる可能性もあります。

 

そうした事態に陥ることが予測できた時点で、弁護士や司法書士に相談し、債務整理をすることをおすすめします。

 

債務整理といっても、自己破産だけでなく、個人再生や特定調停、任意整理など、様々な選択肢があります。

 

プロに依頼して、自分に最適な債務整理の方法を見つけましょう。

 

借金が返せなくて困ったら債務整理を検討しよう

 

返せなくなる前におまとめローンの検討を

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン