リーマン・ショックって結局何だったの?

2008年に起こったリーマン・ショックの原因は何?

 

2008年9月、世界的経済危機が起こったのは、リーマン・ショックがきっかけでした。
リーマン・ショックとは、当時アメリカで第4位のリーマンブラザーズという投資銀行が、住宅バブルを背景に、サブプライムローンという高リスクの住宅ローンの販売を進め、大きな損失を出した上、その処理にも失敗し、事実上破産したことをいいます。
住宅を担保に支払い能力の低い人に対して高金利で住宅ローンを貸し付け、ハイリスク・ハイリターンな金融商品に組み込むことで、世界中の投資家が間接的に投資を行いました。
ですが、このサブプライムローンが焦げ付いてしまい、ヘッジファンドがデリバティブを含んだ株や債券を売却するようになり、価格が暴落したことで、世界的経済危機を招いたのです。

 

リーマン・ショックは世界中にどんな影響を与えたの?

 

まず原因となったアメリカでは、リーマン・ショックをきっかけに失業率が上昇。さらにGDPの伸び率も前年より大幅にダウンしたことで、景気後退を引き起こしました。
そしてその影響はヨーロッパのユーロにもおよび、欧州債務問題やギリシャの破たん危機が起こる原因となりました。
その後、アメリカやヨーロッパで行き場を失った投機マネーは、サブプライムローンに手を出しておらず、影響が少なかった日本の円に集中します。その結果、超円高と株安が続くことになり、日本経済にも大打撃を与えました。

 

リーマン・ショック収束の背景にあったアメリカの金融政策

 

リーマン・ショック後、アメリカの中央銀行であるFRBは、国債などを大量に買い取るという大幅な金融緩和を実施しました。
これは、「非伝統的金融政策」と呼ばれ、最初は住宅ローン担保証券の購入を進め、それでも実質経済が上向かなかったことで米国債の買い取りに踏み切ります。
こうした金融政策により、マーケットに資金供給を行ったことが、リーマン・ショックの収束につながっていったといえます。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン